FC2ブログ

宇江佐 真理 昨日のまこと、今日のうそ 髪結い伊三次捕物余話


「共に見る夢」、「指のささくれ」、「昨日のまこと、今日のうそ」、「花紺青(はなこんじょう)」、「空蝉(からせみ)」、「汝、言うなかれ」の六編の連作短編集です。

相変わらず、この作者の名調子が心地よい作品です。シリーズも13巻目ともなると、シリーズ当初の伊三次とお文の二人だけの雰囲気はほとんどなく、代わりにその子供達が主役となって物語は進んでいきます。と言っても、伊三次やお文、それに不破友之進といった面々も引退したわけではなく、勿論重要な登場人物としてそれなりの活躍を見せてくれています。ただ、前巻でもそうだったのですが、お文の影が少々薄いかな、という気はします。

「共に見る夢」は不破友之進・龍之進親子の物語です。龍之進ときい夫婦の間にに子が生まれますが、友之進の同僚の岩瀬からの祝儀が届きません。捕物のことで岩瀬と話しているうちに、それは岩瀬の奥方が病で伏せているためであることを知ります。友之進は夫婦のあり方に想いを馳せ、いなみと共に伊勢参りに行くことを思うのです。

「指のささくれ」は伊三次の髪結いの弟子である九兵衛の物語。九兵衛は大店である魚佐の娘のおてんとの祝言のことで悩み続けでいます。男としての矜持や気になる娘の存在など、若者の心の揺らぎが描かれます。

「昨日のまこと、今日のうそ」は、友之進の長女で蝦夷松前藩江戸下屋敷に別式女として奉公している茜の物語です。松前藩嫡男である松前良昌の茜に寄せる想いをいなしつつ、良昌の病への思いやりとの間で悩む茜の心が、その重さに揺れるのです。

「花紺青(はなこんじょう)」は、伊三次の息子で歌川豊光のもとで絵師の修業を続けている伊与太の話です。なかなかに一人前になれない伊与太は葛飾北斎のもとを訪ね、自分の腕の未熟さや嫉妬心などを思い知らされるのです。

「空蝉(からせみ)」は、不破龍之進と緑川鉈五郎は、内与力の山中寛左から内密の調査を命じられます。奉行所内で押し込みと通じているものがいるというのですが、龍之進は同輩を疑いきれません。そうした中、父友之進も同様の密命を受けていることを知り、何か不審なものを感じるのです。

「汝、言うなかれ」は、柳町の漬物屋の村田屋を舞台にした、視点を変えたスピンオフの物語のような匂いのする作品です。青物問屋八百金の主である金助が殺されます。村田屋の女将のおとよは、かつて信兵衛から聞いた打ち明け話を思い出し、信兵衛に対しほんの少しの疑いを抱きます。その疑いはやがて伊三次の知る所となり・・・。

やはりこの作者の物語は心地よいですね。読んでいるときも、その後も、時間がゆるやかに流れるような感じがします。丁寧な情景の描写と共に登場人物の心情が思いやられ、近頃では親としての伊三次とお文、不破友之進といなみらの心根を、やはり親としての自分と重ね合わせたりしています。

このシリーズがいつまで続くのか判りませんが、終わってほしくないと心から思うシリーズの一つです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR