FC2ブログ

松井 今朝子 道絶えずば、また


何とも言いようのない、不思議な感じの物語でした。歌舞伎の世界を描いているということで粋筋の物語かと思っていたらそうでもなく、華麗というのも違い、かと言って読みにくいわけでもない、今までにない印象の物語なのです。

江戸中村座の立女形である三代目荻野沢之丞が奈落に落ち、舌を噛んで死んだ。果たして沢之丞は誰かに殺されたのか。北町奉行所の同心薗部理市郎は大道具方の甚兵衛を疑うが、その甚兵衛も首を吊ってしまう。調べが進むうちに、数人の大工が行方不明になっていたり、奇妙なことが続く。ところが、そうした事実はみな谷中の感王寺という名刹に繋がっていくのだった。

本書のタイトルの『道絶えずば、また』は、世阿弥が著した『風姿花伝』という芸術論の書の中にある「道絶えずば、また、天下の時に会うことあるべし」という言葉からとったものだそうです。「たとえ人から見捨てられても、決してあきらめずにひとつの道をずっと歩み続けていれば、再び浮かび上がるときがあるだろう。」というその言葉は、本書のテーマそのものでした。

本書は登場人物が多彩です。物語の進行は決してテンポ良く進むとは言えず、多彩な登場人物の相互関係、立ち位置等が不明で、最初のうちは何となくの読みにくさを感じていました。ましてや舞台は芝居小屋であり、素人にはわかりにくい世界なのでその感じも増幅されています。ただ、本書はシリーズの三作目だということなので、順序良く読んでいればこうした分かりにくさも感じなかったのかもしれません。

作者の松井今朝子という人は歌舞伎評論家としての顔も持ち、種々の歌舞伎入門書の監修もしている程の人なので、歌舞伎の世界の描写は細かなところまで目が届いています。何よりも、役者の心の内を掘り起こして物語の軸に据えているところは余人の許すところではないのでしょう。

とくに本書終盤での兄弟の会話の場面は圧巻です。芸の道に生きる者の心情を示していて、それまでの長い振りはここのためにあったのかと思うほどで見事です。

ただ、エンタメ小説という意味での読み易さという点では、同じ芝居の世界を舞台にしている田牧大和の『濱次お役者双六』シリーズの方が読み易く、文章の小粋さも感じました。ここらは個人の好みに帰着するのかもしれません。

物語の一つの柱ともなるべき謎解きそのものは若干のご都合主義的な匂いを感じないでもないのですが、しかしながら作者は「家族」のあり方を主題としていたらしく、そうしてみれば全体がそれとしてまとまって見えてきます。

先にも述べたように、三部作の夫々を独立して読むことができる、とは言っても、やはり順序立てて読んだ方がよさそうです。他の二冊も読んでみようと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR