FC2ブログ

辻堂 魁 夜叉萬同心 冬蜉蝣


この作家の『風の市兵衛』を読んだときは、その綿密な書き込みや、良く練られた筋立てなど、新人にしてはうまい作家さんだと思っていたのですが、本書は残念ながら期待に反するものでした。

本書の主人公尾は、萬七蔵(よろずななぞう)という北町奉行所隠密廻り同心です。この男、一刀流の免許皆伝という使い手であり、奉行直属の隠密御用を命じられる身なのです。言わば「殺しのライセンス」を持つ同心、とでも言えそうです。

一話目の「桜花」は、萬七蔵が、旗本の部屋住み連中が集まり名乗っている「紅組」の乱暴狼藉を懲らしめる、典型的な勧善懲悪の物語です。

二話目の「かどわかし」は、根岸の里で瑞龍軒清墨という絵師が殺されます。どうも清墨が暗黒亭黒主という号で描いていた春画が絡んでいるらしく、萬七蔵に探査の命が下るのです。

三話目の「冬蜉蝣(ふゆかげろう)」は、ある日七蔵が北町奉行の小田切土佐守に呼ばれとる料亭に行くと、磐栄藩当主の用人を勤める斎藤弥兵衛という侍から、蜉蝣と呼ばれている辻斬りを切るように頼まれます。しかし、その蜉蝣の正体は・・・。

どの物語も、多くの振り仮名交じりの漢字を多用した文章で、その時々の街並みの情景や季節の移ろい感、それに登場人物の着ている着物など、細かなところまで良く書き込まれています。しかし、書込みについての印象は抱いても、物語そのものについての興味が今一つかきたてられません。普通のありがちな時代小説でしかないと感じてしまうのです。

調べて見ると、今一つ乗れないのも仕方のないことで、本書は著者のデビュー作でした。本書が、面白くない、つまらない小説というわけではありませんが、微妙な表現方法や間合いなど、何かあるのでしょう。面白いと感じた『風の市兵衛』は、丁度この二年後に出された作品です。二年であの上手さを得ているのですから、逆に凄いことなのでしょう。本シリーズも今の辻堂魁という作家の力量からすると、痛快時代劇小説として面白くなっているのだろうと思います。

現に、今の時点で本シリーズも四冊が出されているのですから、進化していると思って間違いないのでしょう。しばらくは追いかけて見ようと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR