FC2ブログ

鈴木 英治 判じ物の主-口入屋用心棒(27)


この人の名調子は変わりません。相変わらずに読み易く、サクサクと読み進むことができます。

町医者の洞軒が殺された。南町奉行所同心樺山富士太郎はは犯人の目星を付けるが、時間的に無理な状況にあり、どのようにして殺害したのかが分からずにいた。一方、湯瀬直之進は、用心棒の依頼を請けようとしていた呉服商の船越屋岐助が殺され、その現場から船越屋手代の与野造が逃げていくのを目撃してしまう。しかし、与野造を選んだ岐助の人を見る目を信頼する直之進は犯人は別にいると確信する。そして、同様に与野造の無実を信頼する岐助の女房と娘から、与野造の行方を捜すと同時に、与野造の用心棒をするように頼まれるのだった。

今回は樺山富士太郎の活躍ぶりが、推理小説で言ういわゆるハウダニットものになっています。いかにして殺したのかの解明を軸に富士太郎が描かれているのです。同時に直之進もまた、岐助殺害の犯人探しと同時に、与野造は何故現場から逃げたのか、を一つの謎として探索していく姿が描かれます。

個人的には、このシリーズ当初の、今は盟友となっている倉田佐之助との対立が描かれていた時の方が面白かったと思うのですが、今の姿はまたそれとして、別なシリーズもののようでまた楽しみでもあります。

痛快活劇小説として、更に新たな展開を見せて欲しいものです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR