FC2ブログ

鈴木 英治 遺言状の願-口入屋用心棒(28)


本作でも、湯瀬直之進と南町奉行所同心樺山富士太郎の物語が夫々に並行して進みます。

前作の終わりの湯瀬直之進の婚儀の席の場面で、花嫁おきくの父、米田屋光右衛門がついに倒れて不帰の客となってしまう。湯瀬直之進はおきくと共に光右衛門の故郷常陸国青塚村へと旅立つ。訪ねた先の寺で光右衛門の遺言状を受け取るが、そこにはおみわという女性を探し、幸せかどうか確かめて欲しいとあった。一方、富士太郎は信州出身の元飾り職人の八十吉が殺された事件を調べていた。しかし、犯人の目星はついたものの、なかなか尻尾を出さず証拠も見つからないままにいた。

本作は突然この世を去った米田屋光右衛門の過去の秘密が明らかになる、そのことがメインの構成になっています。そして、光右衛門の残した遺言を果たしていく中で、光右衛門の謎の行動の意味も分かってくるのです。反面、富士太郎の探索はなかなかうまく事が運びません。

本シリーズはこのところ、シリーズを通しての謎、若しくは敵役の存在、といったものが無く、単発での物語になっています。その各巻での物語も特別に関心を持つような事件、謎があることもなく、若干間延び気味、というのが正直なところです。 やはり痛快活劇小説には、魅力的な敵役、若しくは解決すべき巨大な謎が必要だと感じさせられます。せっかくの本書のキャラたちも、思いきった活躍の場所が無く、今一つ輝きが無いような気がします。

やはり、前巻の時も書いたように、新たな展開を期待したい気持ちは増すばかりです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR