FC2ブログ

近藤 史恵 巴之丞鹿の子―猿若町捕物帳


正統派の時代劇ミステリー小説と言っていいのではないでしょうか。先般読んだ「寒椿ゆれる―猿若町捕物帳」のシリーズの第一作目です。

大川端に娘の絞殺死体があがった。それも続けて二人。共に鼠色の鹿の子が首にまかれていた。その鹿の子は、中村座に出ている今人気の女形水木巴之丞が舞台で締めているもので、巴之丞鹿の子と呼ばれているものらしい。

主人公は南町奉行所同心の玉島千蔭といい、小物の八十吉によると、「顔はなかなか整っているが、眉間に寄せられた深い皺と鋭い眼光で台無し」で、「だだでさえ、長身と同心でござい、という風体で目立つのに、その上全身から近寄りがたいような気を発している」男で、酒も飲まず、女も苦手という堅物らしいのです。本書は、この堅物同心の小物として、常にそばにいる八十吉の視点で語られていきます。

一方、八十吉の視点とは全く関係なく、お袖という娘の目線での物語が並行して語られます。雨の中、草履の鼻緒が切れたところを助けてくれている侍の肩を蹴るお袖。この二人の仲は意外な方向に進みます。

本文庫本の解説を書いている作家の西條奈加によると、時代小説にもたとえば、「江戸情緒や人情を読ませるものや、あるいは剣戟を見せ場にするなど」、「ミステリーというよりも、人情ものや剣戟ものと読んだ方がと呼んだ方がしっくりくる」作品があるが、本書は「『半七捕物帳』の流れを汲む、まぎれもないミステリーだ」そうです。そして本書の近藤史恵のミステリーの土台は、「冷たく、透きとおった水。そんなイメージがわく」ような、よけいなものが徹底的に削ぎ落とされた、濁らない文章と構成にあると書いています。

その無駄なものが削ぎ落されて簡潔になっている文章は、しかし、読み手にとっては多くの情報を与えてくれることになり、とても読みやすい文章なのです。その上に、大藪春彦賞を受賞したこの作家の力は、本書でもミステリーの構築にその力量を示してくれていて、同心千蔭の事件の謎を解いていく様が明快に示されているのです。

ただ、個人的には、謎解きにおいて示される動機が、犯人が娘たちを殺すことを納得させるほどものか、という点には疑問があるのです。しかし、そのような感想を述べている人は誰もいないようなので、私の本当に個人的な印象に過ぎないのでしょう。

私の中では決して小さくはない動機についての違和感なのですが、その点を除けば、本書は文句のない面白さです。加えて、本書には巴之丞という女形や、その巴之丞に瓜二つだという吉原花魁の梅が枝らの、魅力的な人物が配置されていて華やかです。もう一人、千蔭の父親である玉島千次郎もいます。やはり同心であったこの父親は、酒と遊女をなによりも苦手としている千蔭とは異なり、「粋で、くだけていて、融通の利いた男だった」そうなのです。この父親が何かにつけ、千蔭を影から支えています。

文庫本で200頁強という本書は、読み易さにおいても、ミステリーとしての面白さでも一級だと思います。

ちなみに、本書で言っている「鹿の子」とは、伝統的な絞り染めの柄をした、帯枕を包む小道具の一種である「帯揚げ」のことを指しています。普段和服に接しない身としては、こうした言葉を知らないことも日本人として恥ずかしいことですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいましたo(≧∇≦o)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました(≧∇≦)キャー♪不思議と心惹かれたんです。
siroさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(◎>∀<◎)

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。

この本の紹介も、相変わらず文章が上手いなあ〜と楽しく読ませて貰ったんだけど・・・
「読んだ屋」にもこんなコメントが入るのね〜😅

Re: タイトルなし

> この本の紹介も、相変わらず文章が上手いなあ〜と楽しく読ませて貰ったんだけど・・・

そんなお褒めのお言葉に見合うものとは思えなくて、恐縮するばかりです。

> 「読んだ屋」にもこんなコメントが入るのね〜😅

みたいだね。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR