FC2ブログ

大沢 在昌 獣眼


一応は、作家大沢在昌の面白さが発揮された一冊と言っていいと思います。

今回の保護の対象者は森野さやかという十七歳の少女だった。この一週間のうちにこの少女の「神眼」が開花するらしく、ガードの期限は一週間だという。父親は現在の「神眼」の持ち主であり、未来を見通すことができるというその能力からキリに依頼してきたという。さやかは父とは別に母親と二人で暮らしている奔放な娘だった。

この作家の「新宿鮫」という作品は非常に面白い小説でした。主役の鮫島警部という人物もよく書き込まれ、単にキャラが立っているという以上の個性が光っていました。連続殺人に使われた密造銃の追求がまた緻密に書き込まれていて、物語の世界観がきっちりと整合性を持って構築されていました。本書も、冒頭部分から暫くは、その雰囲気を漂わせていて、久しぶりに面白そうな主人公が出てきた、と感じていたものです。

しかし、保護対象者であるさやかの父親の河田俊也が主宰する至高研究会という集団と、至高会と対立する組織の「ツブシ」と呼ばれる集団の存在が明らかになり、さやかが正体不明の敵から実際に襲われる物語の中盤に入ろうかとするあたりから、どうも雲行きが怪しくなっていきます。

至高会の存在が巨額の金に結びつく、そのことは良いのです。また「神眼」という一種の超能力の存在を軸に団が体対立するその構図も別に不満はありません。

しかし、さやか襲撃のあたりから、襲撃犯の実際を調べて行く過程で「至高会」や「ツブシ」の実態が明らかになるにつれ、通常のアクション小説へと変貌してしまいました。結局、主人公であるキリの個性があまり見えなくなってきて、普通のヒーローになってしまったのだと思います。ボディーガードとしてのキリの内面、またアクションの冴え、をもう少し見せてくれればと思ってしまいました。

冒頭、キリの女との絡みの場面も何のために入れたのかよく分かりません。単に読者サービスとしか思えず、そういう書き方はこの作者はしてこなかったと思うのですが、私の思い違いでしょうか。勿論サービスカットはあるにしても、物語の流れの中で決して不自然ではなかったと思うのです。

今野敏という作家の作品に『ボディーガード工藤兵悟』シリーズがあります。初期の作品は別として、シリーズの中でも新しい作品はかなり面白いアクション小説になっています。本書に限れば今野敏作品に軍配が上がりそうです。

この作者に対しては、普通の、単に面白いアクション小説では物足りなくなっています。せっかく面白そうな主人公なのでもう少し、よく書き込まれた上質の物語を期待したいです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR