FC2ブログ

田牧 大和 翔ぶ梅 濱次お役者双六 三ます目


相変わらず、舞台裏のかしましさが伝わってくるような、小気味のいい物語です。今回は、趣を変えて、短編三作により成っています。

「とちり蕎麦」 二枚目立役の野上紀十郎が舞台上でとちった。そのため、詫びの意味で「とちり蕎麦」を皆にふるまう羽目になる。紀十郎は何故にしくじりを犯したか、が大きな謎としてあります。そして、何故に紀十郎は森田座から離れた場所にある「峰屋」を「とちり蕎麦」として使うのかが、ほっこりとした人情噺として語られます。

「縁(よすが)」 江戸の歌舞伎の芝居小屋は、「中村座」「市村座」そして本書の主人公である梅村濱次のいる「森田座」を、江戸三座と言っていました。今度、そのひとつ「市村座」が、今大坂で飛ぶ鳥を落とす勢いの女形、香川富助を呼ぶという話がおき、それに対抗して「中村座」が対抗措置を取ろうとして濱次をひき抜こうとします。この話に、濱次は勿論、師匠の仙雀や座元の勘弥、ひいきの茶屋の女将のお好らが振り回されるのです。

濱次を中心とした人間模様が、芝居小屋の小粋な世界を舞台に繰り広げられるのですが、その世界観がうまく確立されていて、読み応えがあります。肩の凝らない読み易い文章でありながら、読み手をすんなりと納得させるのですから見事です。

「翔ぶ梅」 濱次の師匠である有島仙雀と、仙雀の兄弟子で稀代の名女形と言われ、本書の影の主人公的立ち位置にいる有島香風の物語です。いつもは濱次や勘弥を何かとけむに巻いている仙雀ですが、本物語ではまだ若手であり、香風に振り回されています。そんな二人の行う人助けを描きながら、本シリーズの最初のほうで濱次によって演じられる舞踏劇「飛ぶ梅」の成り立ちが語られるのです。

シリーズものとしては珍しく、巻を重ねるごとに物語の世界が明確になっていき、面白さが増しているような印象がします。いえ、面白くなっていると言えます。

まだまだシリーズは続いています。続きを読むのが楽しみな作家さんです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR