FC2ブログ

逢坂 剛 無防備都市 禿鷹の夜II

前作よりも、更にバイオレンス度が増していると感じる作品でした。勿論、禿富刑事、通称「ハゲタカ」のワルぶりは健在です。

元敷島組の組員だった宇和島博は、渋六興業の縄張りにある小さなバー「みはる」からみかじめ料を取ろうとしていた。そこに現れた禿富刑事は、宇和島を叩きのめしてしまう。現在の宇和島は、渋谷への進出を図る南米マフィアのマフィア・スダメリカナ、通称マスダの傘下に入っており、渋六興業の縄張りの乗っ取りを図っていた。

本作でのハゲタカの直接の相手となるのは、渋六興業の排除を図る南米マフィアのマスダの幹部となっている宇和島と、マスダの殺し屋王展明です。執拗な宇和島は、何処までもハゲタカや渋六興業の隙を狙い続けます。

一方でハゲタカは、ある意味マフィアや日本のやくざよりもたちの悪い警察官をも相手にしています。勿論、この作品では善良なおまわりさんはまず出て来ません。キャリア、ノンキャリアに関わらず、手に入れている地位、権力を守ろうと必死な警察官ばかりが登場します。どちらがヤクザか分からない警察官が、ハゲタカの前に立ちふさがり、禿富刑事をつぶそうとするのです。

この両者を相手にした立ち回りが本書の全てです。

一点、バー「みはる」のママ桑原世津子が、そこそこ重要なキャラとして登場しているのですが、これも他の男どもの圧倒的な暴力性の前には、その存在感は薄くならざるを得ません。

主人公の禿富刑事、通称ハゲタカの内面が全く描かれていないので、その本心がどうなのかは読者には不明です。でも、だからこそなのか、本書を読み進め、禿富刑事の徹底した悪徳刑事振りを見せつけられると、その見えない内心を推し量り、人間性を読みとろうとしてしまう自分がいます。

そこには、突き詰めた先には人間性が隠されていた、というベタな展開を期待する思いがあると気づかされました。どうしても、悪徳ヒーローでも、究極では「善」であるべき、という私の願望があるのでしょう。通俗的な私ではありますが、これはまた一般的な読者像でもあると思います。また、続編を借りに行きましょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR