FC2ブログ

黒川 博行 螻蛄(けら) - シリーズ疫病神


ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮とが活躍する「疫病神」シリーズの4作目です。桑原は変わらずに金の匂いを嗅ぎつけるとどこまでも喰らいついて行こうとするし、二宮は桑原に振り回され続けています。今回桑原が目をつけたのは、宗教界です。シリーズの他の作品も長めなのですが、本書も文庫本で746頁という長編です。しかし、その長さをほとんど感じさせないほどに引き込まれてしまいました。

巨大宗教の伝法宗本山から、宗派宝物の絵巻物『懐海聖人絵伝』三巻が就教寺に貸し出された。就教寺住職の木場は、その絵伝をもとにひと儲けを企んだが果たせず、二千万円の手形だけが桑原の手元にまわって来る。金の匂いを嗅ぎつけた桑原は、就教寺の檀家である二宮を手伝いにひと儲けを企むが、東京のヤクザをも巻き込む騒動となるのだった。

相変わらず、敵対するヤクザグループに捉えられ、顔が人前には出れないほどにまで殴られる二宮であり、ぼこぼこにされるのは捕まる方が悪いととぼける桑原です。そのくせ、桑原が殺されるかもしれないとなると、自らの命の危険もかえりみず救出に向かう二宮がいるのも変わりません。

そう言う意味では、このシリーズも寅さんの映画のようにパターン化しているのもしれませんが、そのパターンはこの二人の掛け合いが同じというだけで、物語自体はそれぞれに全く異なります。そして、その異なる物語の舞台背景、一作目の『疫病神』は産業廃棄物処理事業にまつわる利権、二作目の『国境』では北朝鮮を舞台にした追跡劇、未読の三作目『暗礁』は「宅配業者と警察の癒着に絡む裏金」ですが、その調査力というのか、取材力といっていいのか分かりませんが、リアリティがあるのです。

ですから、二人のコミカルな掛け合いに引き込まれていても、物語としてきちんと成立しているので、読んでいて違和感を感じずに、引き込まれていくのだと思います。

また、今回は桑原の兄貴分である、二蝶会の若頭である嶋田が少しですが前面に出て来ます。この嶋田の、敵対するヤクザとの駆け引きがまた迫力があります。本書は桑原という極道を主人公にしている点でピカレスク小説の一面もあるのでしょうが、桑原の迫力もさることながら、嶋田のような男がもう少し活躍する場面も読んでみたいと思いました。

決してヤクザ礼賛になってはいけないとは思うのですが、東映映画で健さんや文太に、また尾崎士郎が描いた『人生劇場』の飛車角に魅せられたように、誰しも負の側面に惹かれる一面があるのでしょう。

この作家の他のシリーズを読んでいないので、違う色の作品も読んでみたいものです。

蛇足ながら、本シリーズは私の好きな役者の北村一輝が桑原を演じ、衛星放送スカパーでドラマ化されるそうです。DVD化もされるそうなので、是非見たいとおもいます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR