FC2ブログ

今野 敏 自覚: 隠蔽捜査5.5


隠蔽捜査3.5と銘打たれた『初陣』に続く、隠蔽捜査のスピンオフ作品です。『初陣』は伊丹俊太郎警視庁刑事部長の視点の物語でしたが、本書は、このシリーズの様々な登場人物の視点で描かれた、全7編からなる短編集です。

「漏洩」 東日新聞に、貝沼副署長自身も未だ報告も受けていない連続婦女暴行未遂事件の記事が載っていた。関本刑事部長を呼び話を聞くと、誤認逮捕さえ疑われる事案であり、対処に困っているという。竜崎署長の耳に入る前に解決しようとする貝沼副署長だったが・・・。

「訓練」 警視庁警備企画係の畠山美奈子は、大阪府警本部に行き、スカイマーシャルの訓練を受けるようにとの指示を受けた。しかし、キャリアの、しかも女性である畠山に対して、現場の人間の対応は冷たく、心が折れそうになる。

「人事」 警視庁幹部の人事異動で、第二方面本部の野間崎管理官は、新しい方面本部長として弓削篤郎警視正を迎えた。新たな職場について「レクチャー」を受けたいという新本部長に対し、野間崎管理官は問題のある警察署として、竜崎の勤務する大森署の名を挙げるのだった。

「自覚」 自宅でくつろいでいた大森署刑事課長の関本良治は、強盗殺人事件の発生により呼び出しを受けた。現場で警視庁捜査一課長らと臨場しているところに発砲音がした。大森署の問題刑事である戸高が発砲したというのだ。

「実施」 秋。大森署地域課長の久米政男は、警察学校を卒業した新人たちを受け入れた。ある日、突然、刑事課長の関本が、「地域課のばか」が犯人に職質をかけて取り逃がした、と怒鳴りこんできた。職質をかけたのは研修中の新人であり、地域課と刑事課との全面的な喧嘩にもなりかねない事態となる。久米は職を賭しても新人を守ろうと決意するのだった。

「検挙」 大森署刑事課強行犯係長の小松茂は、関本刑事課長から、警察庁からの通達の検挙数と検挙率のアップを申し渡される。その指示を係員に伝えると、戸高の「どんなことになっても知りませんよ。」との言葉が返ってきた。

「送検」 警視庁刑事部長の伊丹俊太郎は、大森署管内で起きた強姦殺人事件の捜査本部に臨席し、被害者の部屋の中から採取された指紋と、防犯カメラの映像などから逮捕状請求とその執行とを指示した。しかし、竜崎に連絡を取ると「それでいいのか?」という質問が返ってきた。

この物語の様々の場面で登場する人物たちの目線で語られるそれぞれの物語は、登場人物それぞれの立場、そして人間性により、それぞれの困難に直面します。その絡まってしまい、解きほぐすことのできない糸が、最終的に竜崎署長のもとに持ち込まれると、いとも簡単に解きほぐされてしまうのです。それはまるで、黄門さまの印籠のようでもあります。

それはあまりに都合が良すぎると感じる側面も確かにあります。しかし、その都合の良さでさえもこの作者の手にかかると小気味良さへと変化し、実に面白い短編に昇華してしまうのです。

何より、この物語は、本体である『隠蔽捜査』シリーズの世界観を立体的なものとし、シリーズの世界に奥行きを持たせてくれるのです。スピンオフ作品のもつ効果が最大限に発揮され、本書自体の面白さと相まって、より世界観の広がる作品として仕上がっていると感じます

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR