FC2ブログ

黒川 博行 悪果


この作者の作品としては、『疫病神シリーズ』以外では初めて読んだ本です。この作者の入念な取材と、それに基づく緻密な描写、きちんとした構成はどの作品でも同じなのだ、というのが最初の感想です。

大阪府警今里署の暴力団犯罪対策係に所属する巡査部長の堀内信也は、ネタ元から、管轄内の暴力団である淇道会が、賭場を開くという情報を掴む。防犯係を挙げての捕物に他の部署からも応援を得て、相棒の伊達と共に開帳の現場へと乗り込む。捕まった客らの情報を流し、強請りの分け前にあずかっていた堀内だったが、次第に身辺にきな臭いものを感じるのだった。

主人公の堀内や伊達とヤクザ連中との麻雀の場面から本書は始まります。堀内らが負けたらツケで、勝ったら容赦なく取り立てる、その描写から始まるのです。本書の性格が一発で分かります。

本書の前半は、ネタ元から仕入れてきた博打のネタの裏付け、そして取り締まりの手配と、賭博開帳での逮捕に至るまでの警察の行動の手引き、とでも言うべき流れになっています。それが実にリアリティを持って描かれているのです。これは『疫病神』シリーズでも同様でしたが、細かな書き込みにより、一つの行動にきちんとした意味付けが施されているので、読者はただ作者の指示通りに読んでいくだけ、という印象です。

ただ、主人公がヤクザ以上にヤクザっぽい警察官である点が異なります。警察の裏金や、一般に「マル暴」と称される部署の情報収集にかかる必要悪が、丁寧に示されています。出て来る警察官全てが「正義」という言葉は机の上に飾っているだけなのです。小説だから他人事のように読んでいますが、全面否定できないところに哀しさがあります。

後半になると、預かり物を持っていると誤解している何者かから、堀内が襲われます。何故自分が襲われなければならないのか、襲撃者が探しているものとは何なのか、その謎を追う堀内の行動は、一気にサスペンス色が満載の展開になります。

そして、前半の賭博の場面が重要な意味を持ってくることになるのですが、この後半の展開では『疫病神』で見られたコミカルな掛け合いはあまり見られなくなり、逢坂剛の『禿鷹』を思わせるワルの活躍する物語へと変身するのです。

緻密な構成と、大阪弁で繰り広げられる軽妙な掛け合いが魅力の黒川ワールドは、少々腰を据えて読む必要はあるかもしれませんが、一読の価値ありです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR