FC2ブログ

葉室 麟 陽炎の門


変わらずに清冽な印象を残す文章で綴られるこの物語は、やはり葉室麟の物語であると共に、サスペンスフルな物語ともなっていました。

「氷柱の主水」との異名を持つ桐谷主水は、軽格の身でありながら、30代も半ばの若さで藩の執政に登用されることになった。藩主親子を誹謗する内容の落書の筆跡を、友人であった芳村綱四郎のものと断定し、切腹させた過去を持っていた。主水は、その芳村綱四郎の娘由布を妻に迎えていたが、由布の弟である喬四郎から仇打ちを果たすべく申し込まれる。喬四郎は、綱四郎を陥れたのは主水であるとの密告書を持っていたが、その密告書の筆跡は綱四郎が書いたとされる落書と同じであり、落書の筆跡は綱四郎であるとの主水の証言は、その根拠を失いそうになるのだった。

どの作品においても武士の生き様を描いておられる作家ですが、本書もその例に漏れません。常に自己を見つめる厳しい目を持った主水は、友人を助けることなく死に追いやった自分に疑問符を付きつけています。侍として嘘はつけず、筆跡を友人のものと断定したことは正しかったとしても、ひとりの人間として見た場合、他に取るべき方途は本当に無かったのか、自らの行いを問うています。

主水は、自らの身の証しを立てるために再度落書の筆跡を調べようとするのですが、そのために監視役としてつけられた早瀬与十郎という男が登場します。この男の行動が若干不自然ではあるのですが、その意味も終盤明かされます。全ては、落書、密告書を書いたのは誰か、という謎解きをめぐり話はすすみ、物語は20年前の夏に起きた「後世河原の騒動」に収れんされて行くのです。

特に犯人探しをしようとは思わないでも何となくの見当はついてくるので、ミステリーとして見た場合は良い出来なのか、そうではないのかは分かりません。しかし、時代小説としての出来は相当なものだと思います。

ただ、私の好みから言うと、若干ずれていました。主人公の主水の落書の筆跡を綱四郎のものと断じた自らの行為についての心の葛藤をそれなりに描写してはあります。でも、物語の流れは、落書の書き手は誰なのか、などの謎の解明に割かれていき、私の好みからは少々遠ざかっていきました。侍としての桐谷主水の生き方をもう少し突き詰めて描いてほしい、と思ったのです。謎解きがあるだけに、その点が半端になった感じがしました。

とはいえ、さすがの葉室麟作品です。読み応えがありました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR