FC2ブログ

黒川 博行 破門 - シリーズ疫病神


『疫病神』シリーズの5作目です。『疫病神』 『文福茶釜』『国境』『悪果』と直木賞の候補になり、やっと本作で第151回直木賞を受賞されました。

二宮が、「疫病神」だから、と敬遠したい極道の桑原は、兄貴分である二蝶会若頭の嶋田と共に、映画制作の話に乗り出資をするが、プロデューサーの小清水は行方をくらませてしまう。二宮が世話になっている嶋田の好意で、二宮の名義でも出資してあるらしい。桑原と二宮はマカオまでも小清水を追って飛び回るが、その先で衝突したのは同じ神戸川坂会ではあるものの、二蝶会とは格上の亥誠組系列の滝沢組の者だった。

このシリーズの一番の魅力は、何と言っても建設コンサルタントである二宮とヤクザの桑原との掛け合いですが、それは本書でも健在です。

黒川博行氏の芥川賞受賞に際してのインタビューの中で、「スーパーヒーローではない、地に足のついた二人が主人公」だという意味のことを語っておられました。確かに、二宮は素人であり、もちろん喧嘩は見事に弱いですし、ヤクザの桑原も無鉄砲な男でそれなりに強いのですが、何かと袋叩きにあい、病院に駆け込むことが続きます。そういう意味では普通の男たちなのです。

その男達が、互いにけなし合いつつ、内心で「死ね」と思っていながら、どちらかが本当に危ない状況になると、自分の身を賭して助けに駆け付けます。ある意味バディものにもなっていると言えそうです。

更には、ヤクザものとしての魅力も兼ねそなえて言えます。桑原が喧嘩をするときも、組の力関係を念頭においていますし、若頭の嶋田が前面に出る時もそうです。嶋田が出てくるときは腕力ではなく、腹芸で相手の幹部クラスと渡り合います。ここらは、昔読んだ任侠ものとはまた異なるジャンルの面白さがあります。

平成23年春から施行された大阪府の暴力団排除条例を背景にして、シノギ(収入及び稼ぐ手段)の厳しくなったヤクザ、そして建築現場でのヤクザ対策としてヤクザを使う「サバキ」を業務とする「暴力団密接関係者」の二宮、共に収入が厳しくなっているという現実が背景になっている物語です。さすがの桑原も詐欺師の小清水には騙され続けます。そして、またどこまでも追い続けるのです。その道中が二人の掛け合いです。

細かなところまで書き込まれ、リアリティに満ちたこの小説は、エンターテインメントとして一級の面白さを持ったシリーズです。とにかく、ヤクザ社会のトリビア(不要と言えば不要な知識です)をちりばめながら、さすがの桑原も騙され続ける本書は、意外な結末を迎えます。続編で早くその後の桑原の消息を知りたいところです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR