FC2ブログ

田牧 大和 三悪人


時代劇での人気者である若き遠山金四郎と、物語に登場すると必ず憎まれ役である若かりし鳥居耀蔵とが、寺社奉行水野左近衛将監忠邦の非道に立ち向かいひと泡吹かせようとする痛快時代小説です。しかし、これまで読んだこの作家の作品の中では、あまり感心しない出来の作品でした。

文政四年の師走の夜中、目黒の祐天寺から火が出て、その焼け跡から身元の知れない女と盲目の僧侶の焼死体が見つかった。たまたま、ひと儲けを企み水野の身辺を探っていた鳥居の仲間である河本主水が、祐天寺の火事は水野の仕業だという。吉原での金四郎の敵娼(あいかた)である花魁の夕顔の弟こそが、祐天寺で亡くなった僧侶だったところから、金四郎は鳥居と組んで水野忠邦の鼻をあかそうとするのだった。

遠山の金さん、妖怪鳥居耀蔵、後の老中水野忠邦という、三人ともその名前を知らない者はいないだろう程の人物を主役に仕立てた、なかなかにユニークな舞台設定の小説です。この三人の個性が書き分けられ、テンポのいい文章で語られている点は他の作品と同様で、さすがにうまいと思わせられました。

しかし、そのほかの点、例えば舞台設定では少々偶然に頼り過ぎと思われ、若干の作家のひとりよがりと言われても仕方がないと思われる個所が散見されました。

即ち、そもそも金四郎とこの事件とのかかわりが偶然です。たまたま金四郎の吉原での敵娼の弟がこの火事に巻き込まれていたことをきっかけに、水野に対する謀を巡らすというこの物語の設定自体が、現実感が薄いのです。

また、金四郎が命をかけてもいいと思わせる花魁との関わりが、金四郎が遊び人であるためにこの花魁の初めての男になった、というだけのことのようで、この点も偶然ですし、企みの動機としては単純に受け入れることはできません。「暇つぶし」という理由づけもあるのですが物語の世界に入るには弱いとしか感じられませんでした。

もう一点書くと、本作品では、何故か場面の背景が見えません。会話はテンポよく進むのですが、人物は浮かんでも、人物のいる場所が空白です。情景描写がないことに加え、ストーリー運びにだけ力が入っている印象です。こういう印象を持つことも珍しいものです。

本作品の出版年を見ると、先日読んだ『泣き菩薩』に次ぐ、三作目の作品なのですが、それにしては本作より前の『花合せ 濱次お役者双六』『泣き菩薩』の方が数段良くできていたと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR