FC2ブログ

井上 荒野 キャベツ炒めに捧ぐ


全部で11編からなる、連作の短編集です。もしかしたら長編というべきかもしれません。各章ごとに三人の登場人物のそれぞれの視点で語られています。

一作目である「新米」は、登場人物の紹介を兼ねた作品です。舞台は「ここ家」という惣菜屋さん。この店のオーナーは江子、61歳。従業員として麻津子、60歳がいて、三か月前に入った新入りの郁子が60過ぎで、この章はこの郁子の視点で語られています。

ここに、米屋の配達担当の新人、春日進が現れます。江子、麻津子、郁子、そして進。来る、待つ、行く、進でロイヤルストレートフラッシュだとはしゃぐ江子。

午後八時半に店を終えると、江子と麻津子は行きつけのスナック「嵐」に行き、郁子は一人家に帰ります。そして、三十四年前に二歳で亡くなった息子草(そう)と半年前にこの世を去った夫俊介の写真を前に一人ビールを飲むのです。

おいしそうな香りの漂う「ここ屋」の紹介をしつつ、三人の性格、それぞれの関係をさりげなく漂わせた一遍で、この章を読んだだけで全体の雰囲気がすぐにわかる、うまい文章だと、感心させれられる出だしでした。

三人とも60歳、もしくは60歳を超えたばかりのおばさん達です。還暦を数年前に過ぎた私とほぼ同年代なのです。同年代とはいえ、相手はおばさん。その心根までは分からないのですが、それでも近しい年回りというだけで親しみを覚えます。私の周りにちょうど似たような仲良し三人組のおばさん達がいるので、なおさらかもしれません。こちらは未婚、既婚、出戻りというこれまたきちんとそろった三人組です。本書の設定とは少々異なりますが。

江子は別れたかつての旦那を思いきれず、今でも一、二カ月に一度、元旦那の家を訪ねているのですが、二作目「ひろうす」ではその様子が描かれています。三作目「桃素麺」では麻津子の、そして四作目の「芋版のあとに」ではまた郁子の視点で、と切り替わっていきます。

江子には別れた夫の白山音彦(しろやまおとひこ)、麻津子には旬(しゅん)さんという想い人がいます。郁子は夫を亡くしたばかりで、それでも進とデートをしたりと、なかなかに楽しげです。

本作は各章ごとにおいしそうな惣菜の作り方をも紹介しながら、三人の生活の、そして内心の移ろいを、どことなく哀しみを漂わせながらも、軽いユーモアに包みながら綴っていきます。

たまには、このような善人しか出てこない、日常の幸せをかみしめるような物語もいい、と思わせられる物語でした。文章が肩の凝らない点もよく、それでいて読み返せばかなり味のある文章です。

ただ一点。この物語に出てくるおばさんたちは60歳を超えているのですが、心の動きなど、どことなく若いのです。それとも、私の同世代のおばさん達というものは、本書に登場する女性たちのように若いのであって、若すぎると感じるこちらが認識不足なのでしょうか。

やはり、女性は分かりません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この仲良し三人組とは、もしかして私達ですか?
未婚、既婚、出戻り・・・正しく!しかし出戻りは他に表現が無い物か?v-403

認識不足ですよ!今時のアラカンオバサンは若いんだから!!
こないだナンパされたって言ったでしょう~v-397

楽しそうな本ですね!

Re: No title

> この仲良し三人組とは、もしかして私達ですか?

はい!

> しかし出戻りは他に表現が無い物か?v-403

離婚、離縁、夫婦別れ、破婚、離別などがありますが、どれにしましょ。

> 認識不足ですよ!今時のアラカンオバサンは若いんだから!!
> こないだナンパされたって言ったでしょう~v-397

そうですね。
あなたたちを見ていると、 ある意味「若い」という他ないのかも。

> 楽しそうな本ですね!

あなたたちとは違って、決してコメディではありません。
ユーモアに包んではあるのだけれど、それなりの人生を経たことを感じさせる、なんとなく気になる作品で、作家さんです。
まだ二冊しか読んでないけど、この作家の作品は読んでみてもいいかもしれません。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR