FC2ブログ

樋口 毅宏 雑司ヶ谷R.I.P.


一言で言うと、時間の無駄、でした。

雑司ヶ谷の妖怪と呼ばれたさしもの大河内泰もついに死んだ。主人公大河内太郎も中国より帰還する。誰しもが注目するのは泰の跡継ぎの問題であり、そうした中、泰の遺言が読み上げられる。そこに書いてあったのは「泰の全財産は・・・・・・大河内太郎の父親に譲る」というものだった。ここに、太郎を中心として遺産を巡る戦いが幕を上げた。

前作『さらば雑司ヶ谷』は、日本のタランティーノとの評判がそれなりに腑に落ちる作品でした。しかし、本作は少しなりとも読むべきところを感じ取れた前作とは異なり、結果として有意義ではない時間を過ごしてしまったとしか言いようがない作品でした。なにせ、文庫版で526頁もあるのですから、読む読みとおしたと思います。

前作で怪物として描いてあった大河内泰の生涯と、現代の大河内太郎の状況とを相互にかき分けながら全四部の物語として話は進みます。

第一部は、泰と、その参謀ともいうべき秀子との出会いから泰幸会を作り上げるまで。

第二部は、『グラップラー刃牙』という漫画の主要キャラである刃牙(バキ)の父親の「範馬勇次郎」という男を思わせる、石田吉蔵というスーパーマンが登場します。この男が太郎を殺そうとするさまが描かれます。どちらかというと、この石田吉蔵を中心とする現代の描写がメインです。

第三部は、秀子亡き後の泰幸会が権力の頂点に立ちつつも、不幸せと描写する以外形容のしようのない、孤独の中で生きる泰が描かれます。

第四部は「アイ・アム・ザ・レザレクション」と題され、泰と太郎の親子の関係が描かれ、そして終幕へと向かうのです。

昭和の裏面史でも書きたかったのかと思うほどに、戦後の歴史上の出来事に泰を絡め物語は進むのですが、そこに読み取るべきものは何も感じません。前作と同じように多数の作品へのオマージュ、パロディ、引用等に満ちているのでしょうが、元ネタがわからないのでこのような感想になったものだとは思われます。そういう意味では読み手の力量が必要なのでしょうか。

この作品も面白いと評価する方も少なからずいらっしゃるようです。読書の感想など個人の主観以外の何物でもないのですから、異なる意見、感想があるのは当たり前で、無いほうがおかしい。こうした荒唐無稽なある意味ナンセンスでもある作品など特にそうだと思われます。

しかしながら、それでも私の感覚とはあまり相容れないものがあるのでしょう。前作はまだしも、本作は受け入れることはできませんでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR