FC2ブログ

近藤 史恵 ねむりねずみ


歌舞伎の世界を舞台にした正統派の推理小説です。

矢倉一子が中村銀弥こと棚橋優の妻になり二年ほど経ったある日、銀弥が「言葉が頭から消えていく」と言いだした。雨、車、時計、時間・・・、言葉が出てこない。
 一方、大部屋の舞台女形である瀬川小菊は学生時代の友人今泉文吾の訪問を受けた。二年前に道頓堀の恵比寿座で起きた、河島栄という料亭の女性経営者が殺された事件について聞きたいのだという。小菊はこの今泉に付き添い、殺人事件の解明に手を貸そうとするのだった。

二年前に起きた事件とは、小川半四郎の舞台の最中に、半四郎の婚約者である河島栄が、一階客席最後列の花道の横に腹部に包丁を突き立てられて死んでいたというものです。この殺人事件を、今泉文吾と小菊、それに今泉の助手である山本公彦という少年と言ってもいい男の子の三人を探偵役として解決していくのです。

久しぶりに本格派の推理小説を読んだ気がします。とはいっても、あまり推理小説を読んでいるという気はせずに過ぎてしまいました。物語の舞台が歌舞伎という世界であるうえに、芸の道をテーマにしているので、若干感情移入しにくいことがあったかに思われます。

私にとっては、一幕目のイントロともいうべき話、つまり中村銀弥の言葉を失うという物語が、この「ねむりねずみ」という物語とどのように関連するのか、という興味が先行していました。

二幕目に入り、今泉と小菊という探偵役が登場し、推理小説としての本編が始まると、更に中村銀弥の問題はどのように処理されるのか、が関心事となってしまっていました。勿論、随所に挟まれる歌舞伎の演目や芸事に対する役者たちの思いなど、目を見張る個所も多数あります。ありますが、下手な本読みとしては本書の構成面に目が行ってしまうのです。

最終的に、ミステリーとしてのこの物語の顛末は今泉の活躍により終息するのですが、謎ときの不満は多いに残りました。それも、まずはトリック以前の、衆人環視の中での殺人事件の成立可能性という本書の根っこに関わる不満であり、そしてトリックそのものに対する不満が残ったのです。

この点については、西上心太氏が本書の解説で「無理を承知の上で」、ある意図のもとにあえてこのような舞台設定にしたのだろうと書いておられます。西上氏の解説は非才の身には若干分かりにくいものではあるのですが、本書ん設定がかなり無理のあるものであることはだれしも認めるところのようです。とすれば、歌舞伎に詳しい作者が素人でも思う無理な場面をあえて設定しているのは、西上氏の言うように、あえて書いた、という指摘が正しいと思わざるを得ないのです。

ともあれ、本書は近藤史恵という作者が『凍える島』でデビューして間もないころに書かれた作品のようです。それでいてこれだけの濃密な作品を書かれるのですから、見ごとなものです。推理小説好きの読者が、本書をどのように評価するのかはまた別な話ですが。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR