FC2ブログ

野口 卓 獺祭


「軍鶏侍」シリーズの第二弾で、前作に劣らずのそれなりに読み応えのある連作の短編集です。「獺祭(だっさい)」「軍鶏(しゃも)と矮鶏(ちゃぼ)」「岐路」「青田風」の4編が収められています。

「獺祭(だっさい)」 本書の表題にもなっている「獺祭」とは、デジタル大辞泉によりますと「カワウソが自分のとった魚を並べること。」とあります。つまりは「手持ちの札をすべて並べて見せる」ことであり、源太夫が教え子を指導するに際し、碁仇である正願寺の恵海和尚から言われた言葉です。弟子を取られたと思い込んだ他の道場主に闇討ちを仕掛けられた源太夫は、彼らとの立ち合いにおいて秘剣蹴殺しを使います。秘剣を使う自分の姿を弟子たちに見せようとするのです。

「軍鶏(しゃも)と矮鶏(ちゃぼ)」 源太夫は、下僕の権助が連れてきた太物問屋の結城屋の隠居である、惣兵衛という軍鶏仲間を得ます。一方、自分の弟子である森正造という9歳の少年が、見事な軍鶏の絵を描く姿を見かけ、彼のために絵の勉強ができるように奔走しようとします。しかし、そこには思いもかけない障害が待ち受けていました。

「岐路」 源太夫は、自分が討ち果たした立川彦蔵の月命日の墓参には、彦蔵に殺された彦蔵の妻の弟の狭間銕之丞を連れて行っていたが、その折に銕之丞は古くからの知己らしいひとりの娘と出会う。また、弟子のひとりの田貝忠吾が生彩を欠いているのも気になっていたが、どうも女性の絡んだ事柄で屈託を抱えているらしい。朴念仁の源太夫にはどちらも手に余る事柄だった。

「青田風」 自らの手で討ち果たした、親友であった秋山精十郎の子の園が、義父の湯島の勝五郎と共に園瀬藩までやってきた。その陰には精十郎を嫌いぬいていた精十郎の長兄、秋山勢右衛門の企みがあった。

本作においても前作同様の面白さが維持されています。ただ、前作で感じたどこか藤沢周平を思わせる雰囲気は、本作ではあまり感じませんでした。前作は野口卓という作家を始めて読んだことでもあり、設定が藤沢周平のそれと似通っていたこともあってそう感じたのでしょう。

しかし、本作では軍鶏をモチーフとした設定にも慣れ、岩倉源太夫という主人公の佇まいもそれなりに得心して読み進めることができたため、より本作の世界に入れたのだと思います。そうしてみると、本作の世界観はとても入りやすく、また読みやすい物語でもあります。

連作短編という形式ではあっても、実際は長編と言ってもよい内容です。実際、第一話の「獺祭」で交わされた「秘剣蹴殺し」を見せるという約束は、第四話の「青田風」で果たされます。決して剣劇の場面の描写がうまい印象はないのですが、物語自体が剣劇そのものではなく、そこに至る過程にこそ重きが置かれていると思えます。

文芸評論家の細谷正光氏は「剣豪小説」と言いきっておられます。ただ、「そこに収まりきれない広がりを持っている」とも書いておられるのです。

また、楽しみな時代小説作家が増えたと、心躍るばかりです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR