FC2ブログ

野口 卓 飛翔


「軍鶏侍」シリーズの第三弾です。「名札」「咬ませ」「巣立ち」の三編が収められています。すでに前巻で著者の世界観が出来上がっているように感じたのは間違いではなかったようです。本作でも、その世界観に則った物語が展開されています

「名札」 今の源太夫の道場には、源太夫を闇討ちしようとして返り討ちにあった道場主の弟子たちも多数通ってきている。その中の数人が実力に応じた名札順になっていないと不平を言っているらしい。そこで源太夫は一計を案じるが・・・。

「咬ませ」 軍鶏侍の名の由来でもある軍鶏。その若鶏を、何とか早く自信も技も身につけさせたい、と願った源太夫は、下僕の権助の助言に従い、強く美しい軍鶏を具現化したような、名鶏の「義経」を“咬ませ”として戦わせようとするのだった。

「巣立ち」 第一巻の『軍鶏侍』の三話目「夏の終わり」で語られた、今では「若軍鶏」と呼ばれる大村圭二郎の物語です。圭二郎の父親は自らの不正がばれ、自刃したことになっていたが、それが冤罪であったことが判明する。源太夫は仇を討とうとする圭二郎をおさえ、仇打ちが叶うだけの力量をつけさせるとともに、師匠としてできることを模索するのだった。

前巻でも書いたのですが、当初感じた藤沢周平と似た雰囲気を持つ作家、という印象からは離れ、独自の世界観を確立している作家さんと言いきってよさそうです。それは藤沢周平のような独自性を持った作家へ成長する大きな可能性を感じさせる、ということで、多くの人が同じように評価しているようです。

ただ、当然のことではあるのですが、話によって若干の出来不出来もあり、本書の場合、「名札」の出来は決していいとは感じませんでした。このシリーズの中では物語の展開や、人物の造詣に深みを感じにくい作品ではないでしょうか。

とはいえ、相当に書きこまれた作家さんであるかのような落ち着いた作風は感じます。まだ他のシリーズを読んでいないので、早く読んでみたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR