FC2ブログ

梶 よう子 連鶴


これまで読んだ梶よう子の作品の中では若干異色の作品でした。梶よう子といえば『一朝の夢』や『御薬園同心 水上草介』のように、どちらかと言えば自然を対象に、人の想いやありようを軽いユーモアに包んで表現すること特徴としていると思っていました。しかし、本作品は、幕末の動乱期の桑名藩の藩士を主人公に、侍の生き方を真摯に問うた、決して明るくはない作品に仕上がっています。

速見丈太郎はかつて道場で話をした坂本竜馬が暗殺されたという知らせを受ける。海外への雄飛を語っていた竜馬同様に海のかなたの国へと想いを馳せていたのだが、時代の流れはその夢を語ることも許ず、ただ薩摩との戦いへとひた走るのみであった。丈太郎の弟の栄之助もまた、商人となる意思を固めていたものの、兄と異なる立場に身を置こうとしていた。

小説で幕末を描く場合、幕府に与する側で描かれることが多いのは、水戸藩か会津藩というところでしょうか。会津藩と言えば動乱の京都において治安部隊として名を馳せた新選組を抱えた藩であり、最後まで新政府軍と戦った藩です。その会津藩の藩主の松平容保の実弟が桑名藩主の松平定敬です。定敬は京都所司代の職にあって、京都守護職であった兄容保と共に京の治安維持に努めています。

本書はこの桑名藩の藩士兄弟の、時代に流されそうになるも必死で生きようとする姿を描いた物語です。

例えば葉室麟や青山文平のように、侍の行動を通して武士の生きざまを問いかける、という書き方とは少し違い、主人公の周りの出来事を描きつつも、主人公の内心の苦悩を中心に描かれています。ですから、どちらかと言えば調子よく読み進める物語とは言えません。

それどころか、いつまでも主人公の内面の葛藤に焦点が当てられているく印象です。町人となることを決め、祝言を間近に迎えている弟の藩への裏切りを思わせる行動や、その弟とも幼馴染である丈太郎の妻美郷と弟との関係などの出来事が語られますが、本書の中盤過ぎに、江戸在府の身である丈太郎が京都守護のために桑名藩への帰郷し、実際に戦いに身を投じるまでは、あまりテンポが良いとは言えないのです。

丈太郎の苦悩は、自分が刀を取って戦うだけの理由が見いだせないことでしょう。掲げるべき大義と言っていいかもしれません。大義なき戦いは力を発揮できないのです。主人公の丈太郎が自らの戦いの意味を問いかける中、幕府の旗頭の徳川慶喜は兵士を置き去りに江戸へと帰り、松平兄弟もそれに同行し江戸に帰ってしまいます。丈太郎は戦いの最中にも関わらず大義を見失ってしまうのです。

以上のような苦悩を描く小説、つまりは幕末の動乱期において時代の波に流される若者らを描いた小説は多数ありますが、残念ながら本書はそうした作品群の中で個性が光っているとは思えませんでした。そういう意味ではこれまでの梶よう子の作品のタッチを期待していると若干期待外れの印象があるかもしれません。

蛇足ながら、表題にもなっている「連鶴」とは、一枚の紙から「多数の折鶴を完全に切り離さずにくっついた状態で」折り出す折り鶴のことを言います。この連鶴が物語の要となり、随所に出てきます。人と人との繋がりなどを示しているのでしょうが、例えば竜馬が殺される場面にこの連鶴があったりと、逆に違和感を覚える使い方をされていたのは、個人的には残念に思えてしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR