FC2ブログ

今野 敏 廉恥


警視庁強行犯係・樋口顕シリーズの四冊目です。前作『ビート』から十四年がたっています。

警視庁強行犯係の樋口顕は、キャバクラ嬢の南田麻里の殺害事件の捜査本部にいた。被害者南田麻里はストーカー被害届を出していたらしく、管轄の世田谷署は対応に苦慮していた。一方、友人である警視庁生活安全部少年課の氏家譲警部補から、樋口の娘照美のコンピューターから公立中学や高校に脅迫メールが送られた疑いがあるとの連絡を受ける樋口だった。

近時の今野敏の作品は安心して読むことができます。勿論、作品の仕上がりに波があるのは当然でしょうが、決していい出来とは思えない作品でも、小説としての面白さは間違いないのです。

本作品『廉恥』は、主人公の性格設定や主人公の家庭環境の設定に既視感があるという意味では上級の出来とは言えないかもしれません。しかし、物語の面白さは否定できるものではありません。

例えば、どことなく『安積班シリーズ』の安積警部補にも似ているという点では樋口顕の性格設定は既視感があると言えます。しかし、常に自分を省みる主人公の性格ゆえに思いつく事柄や、その主人公に親しみを感じる小森ら他の警察官たちとの仲間意識にもつながり、読んでいて気持ちのいいものがあるのです。

そして、本書ならではの特色というと、ストーカー事案の抱える問題へのアプローチにもあるのでしょうか。警察小説としてのミステリーの側面では、事件の真相へと近づいていく樋口らの行動は読んでいて飽きません。加えて、警察庁から派遣されてきた小泉蘭子刑事指導官の存在は大きく、ストーカー問題の奥深さを知らしめてくれます。小泉指導官との絡みでは、昔ながらの刑事である小森の変化なども面白い書き方でした。

これらの仲間の力を借りながら事件の真相に近づいていく書き方は、他の作品でも同様と言えば同様なのですが、内省的なキャラクタ設定のうまさや、家族の問題をも描写することで、人間としての主人公の深みをも描き出すうまさなどをいつも感じさせられます。そして、今野敏の物語に感じる、人情話にも通じる物語の運び方は、心地よい読後感をもたらしてくれるのです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR