FC2ブログ

宇江佐 真理 寂しい写楽


これまで読んできた宇江佐真理作品からすると、かなり雰囲気の異なる作品でした。

寛政の改革令に反旗を翻した浮世絵板元の蔦屋重三郎は歌舞伎役者の大首絵刊行を試みる。喜多川歌麿の離反にあい、絵師探しが難航するなか、突然現れたのが正体不明の東洲齋写楽という男だった。助っ人に駆り出されたのは不遇の日々を送っていた山東京伝、葛飾北斎、十返舎一九の三人。謎の絵師を大々的に売り出そうとする重三郎のもと、計画は進んでいく…。写楽とはいったい何者なのか。そして大首絵は刊行できるのか。宇江佐真理が史実を元に描いた傑作長編。(小学館文庫)(「BOOK」データベースより)

東洲齋写楽という人物はその背景がほとんど分かっていないことから、別人説や共同作業説など様々な考え方が出されています。ただ、「現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者斎藤十郎兵衛(さいとう じゅうろべえ、宝暦13年〈1763年〉 - 文政3年〈1820年〉)とする説が有力となっている(ウィキペディアより)」そうです。

本書はこの現在の有力説である「斎藤十郎兵衛」説をもとに、版元である蔦屋重三郎を中心に、山東京伝や葛飾北斎、十返舎一九らを周りに据えて「写楽」を描き出しています。詳しくは読んでいただくしかないのですが、要は「写楽」は実在し、実際描いてもいるのだけれど、その実態は合作説に近い、という考え方だと言ってもいいのでしょう。

冒頭に書いたように、これまでの人情話としての宇江佐真理作品を思っていると、裏切られます。読みやすく、それでいて読み手の心にひそやかに暖かな思いを置いていく、そうした作品とは違います。

まず、舞台が浮世絵の世界であり、登場人物の描き方からして異なります。文章も、市井の人々の暮らしを情感豊かに描き出すいつもの文体とは異なり、別人の文章であるかのように客観的な描写を心がけておられるようです。描き出す対象が浮世絵の世界であり、歌舞伎の世界であるためでしょうか、一般読者のための説明が必要なためでしょうか、背景説明に費やす文章量が多くなっています。反面、会話文が格段に減り、蔦屋重三郎軸とした当時の戯作者、浮世絵画家の世界が、わりとクールに描き出されているのです。

そうした違いはありますが、やはり宇江佐真理作品の人を見る目の優しさはそのままです。葛飾北斎や十返舎一九らの売れる前の姿が描かれていて、次第に戯作や浮世絵の世界で自分の在り方を見つけでいく、その過程を楽しむ読み方もできます。

読みにくさを感じる読者もそれなりにいるのではないかと、少々心配になる程の文章ではありますが、読み終えてみるとやはり宇江佐真理作品だと思わされます。

この文章を書いているときに、宇江佐真理さんが、2015年11月7日に乳がんのために亡くなられたという訃報記事を見つけました。驚きました。六十六歳だったそうです。あまりにも若すぎます。残念でなりません。御冥福をお祈りいたします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですよね~
宇江佐真理さんが亡くなられたんですよね~i-238
私も好きな作家さんだったのでビックリ!
しかも66歳だって!
私達だったら後2年しかないよ~
・・・・
つくづく毎日楽しく過ごさないとね~と思いますi-227

Re: No title

あまりにも若すぎるね。

もっともっと素敵な人情噺を書いてほしかった。

ホントに残念です。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR