FC2ブログ

野口 卓 遊び奉行


この作者の『軍鶏侍』の番外編的位置づけの作品。それでいて、独立した物語として肩が凝らずに楽しく読める物語でした。

園瀬藩主斉雅の長子ではあるが、妾腹の子であるために藩主のあとは継げない亀松は、園瀬藩家老九頭目伊豆の婿養子として一亀を名乗り園瀬に国入りすることになる。しかし、そこでは藩政改革のためにと一亀をまつりあげようとする集まりが持たれていた。

さすが『軍鶏侍』の書き手の作品で、同じ園瀬藩を舞台にした非常に読みやすい作品だと思いながら読み進めていると、どうも何か変だと思えてきました。『軍鶏侍』と舞台が一緒なのです。単に園瀬藩という土地が同じということではなく、話の内容が同じです。よく読んでみると、『軍鶏侍』で岩倉源太夫は園瀬藩の政争に巻き込まれますが、その政争を別な視点で描いた物語だったのです。

ただ『軍鶏侍』での園瀬藩の藩主が、本書と同じ「九頭目隆頼」だったことはメモにもあり間違いはありません。しかし、肝心の九頭目一亀という名前は覚えが無いのです。もしかしたら出てきていたのかもしれませんが、少なくとも今は覚えていません。

勿論、本書にも軍鶏侍としての岩倉源太夫の名前も出てきます。そして、岩倉源太夫の仕事の内容が、本書からの視点として語られています。

本書で一番記憶に残ったのは園瀬の盆踊りのことでしょう。本書でかなり詳しく描写してあるその踊りは、つまりは「阿波踊り」のようです。読んでいると「阿波踊り」の美しさが蘇ってきました。いつかは実際に見てみたいと思っていた踊りです。あの男踊りの勇壮さ、女踊りのたおやかさは、他の祭りでは見られない絶妙な美しさがあります。

架空の藩ではありますが、園瀬藩を舞台にした藩の主導権争いが描かれています。物語自体は特別な筋立てがあるわけでもなく、普通の物語です。ただ、園瀬という舞台の描写は美しく、それに前述の踊りが筋立て上も重要な出来事として描かれています。

園瀬藩も、藤沢周平の海坂藩のような、読者にも親しみを持たれる架空の舞台として成長していくでしょうし、成長してもらいたいものです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR