FC2ブログ

今野 敏 マル暴甘糟


気の弱い、いつも先輩刑事の顔色をうかがっている、そんなマル暴刑事甘糟達夫の物語です。

北綾瀬署刑事組織犯罪対策課・組織犯罪対策係に勤務する巡査部長甘糟達夫が当番の日、北綾瀬署管内で殺人事件が発生した。被害者が暴力団員であることから、甘糟や甘糟の先輩で相棒でもある郡原虎蔵も捜査本部に呼ばれることになった。しかし、警視庁捜査一課の刑事たちとの捜査にもかかわらず、事件はなかなか解決の様相を見せないのだった。

今野敏という作家はキャラクタの設定がうまいといつも思わされるのですが、本書『マル暴甘糟』もその例にもれません。まずは、主人公の甘糟達夫は気の弱い「マル暴」つまりは暴力団担当の刑事です。いつも自分がなぜにマル暴に配属されたのか不思議に思っています。その甘糟の相棒である郡原虎蔵は甘粕の先輩であり、マル暴刑事の典型のような男です。そこに警視庁捜査一課のエリート警部補梶伴彦が、今回の捜査本部で甘粕の相棒として配置されます。

当然のごとくにマル暴刑事の典型である郡原と捜査一課のエリート警部補の梶とは衝突します。その間で右往左往する甘粕。加えて、暴力団多嘉原連合の若頭唐津晃が、被害者をかわいがっていた兄貴分として、事件をかき回すのです。この唐津晃、通称アキラが、ありがちなキャラではありますが、いい味を出しています。

この甘糟達夫という刑事はそもそも、今野敏の人気シリーズの一つである任侠シリーズ(阿岐本(あきもと)組シリーズ)の中の登場人物だったそうで、作者である今野敏氏が任侠シリーズのネタに困り、任侠シリーズの中で誰か適当な人物ないないかと探していて見つけ出した人物だそうです。ですから、本書は阿岐本組シリーズの番外編的な位置づけでもあることになります。阿岐本組のメンツは誰も出てきませんけどね。

ということで、今野敏の作品の中では「安積(あずみ)班」シリーズや「隠蔽捜査」シリーズとは異なった色合いの、どちらかというとお気楽な、ユーモラスな雰囲気を持った作品として仕上がっています。とはいえ、警察小説としても十分な読み応えのある小説です。今野敏作品ではこのほかに、「横浜みなとみらい署」シリーズがマル暴を主人公とした作品であるのですが、その作品とはかなりタッチが違っていて、読み比べてみるのも面白いかもしれません。

今野敏作品の特徴である、登場人物がある局面を境にして、当初思っていた人物とは異なる面を見せてきて、その異なる側面こそがその人間の本質であり、信頼関係を結ぶに値する人間である、という一つのパターンは本書でも勿論展開されています。お定まりではあるのですが、外せないパターンでもあります。

ただ、このお定まりのパターンが、このごろの今野敏作品には少々多い気がしないでもありません。人物のキャラ設定にしても同じことです。今のところどの作品も、個人的には面白く読ませてもらっているのでいいのですが、今後も同様に続くとなると若干の危惧を抱かないでもないのです。

新刊書で344頁という十分な本の厚みを持った作品ですが、会話文が多いこともあり、かなりな速度で読み終えることができます。それでいて十分な読みごたえを感じることができる作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR