FC2ブログ

東山 彰良 流


この東山彰良という作家の『流(りゅう)』という作品は第153回直木賞を受賞しています。審査委員全員の一致で押されたそうです。読み終えてからのインパクトはかなりのものでした。久しぶりに小説を読んで衝撃を受けました。

物語は1975年に始まる。主人公・葉秋生が17才のこの年、偉大なる蒋介石総統が死に、祖父・尊麟が何者かに殺された。なぜ、誰に祖父は殺されたのか。若く、何者でもなかった秋生の青春と、祖父の死を追う旅が始まる。選考委員の北方謙三さんは「とんでもない商売敵を選んでしまった」と最大級の賛辞をおくった。(「著者に訊け」より)

当初はそれほどでもなかったのです。台湾の少年を主人公にしたやんちゃな若者の青春小説、くらいの気持ちでおり、ゲッツ板谷の『ワルボロ』を思い出していた程です。ヤンキー達の喧嘩三昧の日々を描いた作品でした。

しかし、序盤も終わるころからどうも感じが違うのです。小説世界の奥行き、広がりがこれまで読んできたヤンキー小説とはだいぶ違うと思えてきました。読書も半分すぎるあたりになると、そんな程度ではなく、どっぷりとはまっていました。直木賞に押されるはずだと納得です。小説としての厚み、深みがとんでもないのです。

本書の場合、当初書いたように青春小説としての顔があり、次いで家族の物語として一流です。ところがそれにとどまらず、祖父を殺した犯人は誰か、というミステリーとしての要素もあるのです。途中ではお狐様なども出てきて、若干オカルトの雰囲気も漂わせたりする個所もあります。でも、そうした分類など何の意味はなく、この物語自身が強烈なインパクトをもって迫ってきます。

本書の中表紙の次に

魚が言いました・・わたしは水のなかで暮らしているのだから
  あなたにはわたしの涙が見えません。  王璇「魚問」より

という一文が掲げられています。作品中に、この詩がかなり重要な役割を持って登場しますが、この一文でもわかるように、主人公が喧嘩ばかりしているくせにかなりのインテリなのです。親友も将来はヤクザになろうとする奴らばかりなのに、喧嘩相手のひとりがこの一文を口ずさみます。

主人公は著者東山彰良の父上がモデルだそうです。日中戦争後、中国共産党と蒋介石率いる国民党との戦いがあり、敗れた蒋介石側が台湾に逃れ一国(争いのあるところですね)を作り上げた、その時代背景での物語を他には知りません。

もともと祖父の物語を書こうとして資料を集め、父親らから話を聞いていたそうです。そして書きすすめるうちに父親中心の話へとシフトしていったのでしょう。ちょうど私と同じ世代の物語ですが、その世界は全く異なります。平和な日常の中で、ケンカらしい喧嘩をしたこともなく暮らしてきた、普通の日本の世代には理解できない歴史を持った民族、そして家族の物語です。

台湾での物語なので、登場人物の名前が読めないし、紛らわしいのは若干困りましたが、これを変えると違う物語になるでしょうし、だからこそ台湾の雰囲気が醸し出されているのでしょう。

東山彰良の作品では『路傍』という作品を読んだことがあったのですが、私にはその良さが理解できませんでした。しかし、大藪春彦賞を、それも選考委員四人全員の満場一致で受賞したこの作品を馳星周氏が絶賛しているのです。当然、読み手である私の力量不足としか言いようがなく、好みの問題だから仕方ないと無理に納得していたものです。本書を読み終えた今、単に好みの問題ではないことがはっきりしてしまいました。

ついでながらに思ったこと。花村萬月の作品に『ゲルマニウムの夜』という作品があります。エロスとバイオレンスに満ち満ちた作品です。この作品は第119回芥川賞を受賞しているのですが、直木賞を受賞した本作との差異がよく分からなくなりました。何故この『流』は直木賞なのかということですね。いつも思う芥川賞と直木署の差異、純文学と大衆文学との差異は何なのか、という思いを本書でも突きつけられ、やはり答えはありませんでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR