FC2ブログ

野口 卓 水を出る 軍鶏侍


「軍鶏侍」シリーズの第四弾です。「道教え」「語る男」「口に含んだ山桃は」「水を出る」の四編が収められています。園瀬藩の暮らしが情感豊かに語られるこのシリーズも、巻を重ねるにつれ更に安定感が増し、シリーズとして落ち着いた形が出来上がりつつあるようです。

「道教え」 源太夫の師匠である下駄の師匠こと日向主水は病の床にあった。その枕もとにはかつて源太夫と共に日向道場で学んだ仲間たちが坐していた。かつて日向道場に通う時に見たハンミョウ(斑猫)又の名を「道教え」をモチーフに、死を間近にした母の望みを断ち切ったと、ひとり悩む弟子を見守り、導く源太夫の姿が描かれます。

「語る男」 突然、源太夫が江戸勤番のおりの椿道場での相弟子であった榊原佐馬之助が訪ねてきた。かつての面影はさらになく、今は乾坤斎夢庵と名乗る軍記読みとなっていた。この夢庵が、園瀬藩にとっての大事件をもたらすことになるのだった。

「口に含んだ山桃は」 源太夫は岩倉道場の高弟である柏崎数馬から、源太夫の道場に学ぶ黒沢繁太郎が、同じ弟子の小柳録之助の妹の色香に迷い、道を踏み外そうとしている、との相談を受けた。その話の裏には園瀬藩の改革につながる複雑な事情もあったのだが、男女のことには疎い源太夫はその処置に悩むのだった。

「水を出る」 源太夫の息子市蔵が自らの出生の秘密を誰かから吹きこまれたらしい。源之丞がかつて打ち取った男の子が市蔵だったのだ。ひとり思い悩む市蔵だったが、ある日出奔してしまう。そこに下男の権助が、何か心当たりがあるらしく、旦那様夫婦は普通どおりにしておいてくれと言うのだった。

道場主として、また父親として、更には剣士として、また園瀬藩改革の一員として、源太夫の周りは様々な問題が巻き起こるのです。改革もひと落ちつきし、平和な日々が続く園瀬藩です。そこにこのシリーズの今後の展開にも問題になりそうな、幕府の隠密の影がちらつき始めます。

今回は幕府隠密の問題の話と、弟子の問題が二話、そして自分の子の話が一話です。そのそれぞれの話に、園瀬藩の美しい情景がおりこまれ、物語の背景が空間的にも大きな広がりを見せて展開されます。先にも書いたように、シリーズが進むごとに情緒豊かな物語に奥行きが増していき、話としてより安定してきています。

近頃、時代劇で楽しみな作品が増えてきていると感じるのですが、どちらかというと痛快活劇調が多いようです。葉室麟や青山文平といった作品のように、じっくりと構えて読みこむほどではないのですが、それでもなお情緒豊かに、ゆったりとした余韻をもたらす作品はそうはないと思います。本シリーズはそうした意味でも大切にしておきたい作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR