FC2ブログ

野口 卓 ふたたびの園瀬 軍鶏侍


「軍鶏侍」シリーズの第五弾です。「新しい風」「ふたたびの園瀬」「黄金丸」の三編が収められています。

「新しい風」 源太夫の息子市蔵が実の親のことで家を飛び出した折に、出先で市蔵と共にいたのが亀吉だった。その亀吉が軍鶏に魅せられ、岩倉道場に下働きとして加わることになる。

「ふたたびの園瀬」 岩倉道場師範代の東野才二郎は、芦原讃岐の命で出た江戸で、源太夫の親友である秋山精十郎の子の園がチンピラに絡まれているところを助ける。かつて園瀬藩に行き、いつも園瀬藩のことを思っていた園であったが、その偶然は二人の仲を急速に近づけるのだった。
本シリーズの第二巻の「青田風」で登場した園が再び登場します。若干、二人の結びつきが唐突に過ぎる感じが無きにしも非ずではありますが、園瀬の風景と共に爽やかさが薫る物語になっています。

「黄金丸」 ある日岩倉道場に、軍鶏を入れた小さめの駕籠を下げた鳥飼唐輔という浪人がやってきた。その浪人は源太夫との立ち合いを望むが、問題はその連れている軍鶏の素晴らしさだった。
「軍鶏侍」シリーズの面目躍如といった、まさに軍鶏を中心としたお話です。

本書には二つの短編と一つの中編が収められている、と言ったほうが良いのかもしれません。「新しい風」は岩倉道場の新顔としての亀吉の物語ではあるのですが、「黄金丸」とともに軍鶏に絡んだ話です。それに対し「ふたたびの園瀬」は、岩倉道場の師範代である東野才二郎の嫁取りの物語で、若干長めの物語です。

このシリーズを読み続けていて、若干の欠点(それは瑕瑾というほどのものでもないと思うのですが)を挙げるとすれば、それはそれぞれの話においての決着のつき方が少々簡単にすぎる、話が都合よく進みすぎる場合がある、ということかもしれません。

本書の「ふたたびの園瀬」では東野才二郎と園との結びつきが描かれていますが、二人の出会いが江戸という大都会で出会うという偶然に頼った話ですし、そもそも二人が恋に落ちる展開もまさに一目ぼれ同士とはいえ、読者によっては簡単に過ぎると思いかねない展開です。実際、少々都合が良すぎる話だ、とは私も思ったものです。でも、そのことを考慮してもなお、この瑞々しい物語のあり様が良いと思うのです。

これまでも、一人悩んでいる岩倉道場の弟子について、何らかの出来事に助けられて弟子自らが解決する話など、源太夫が乗り出すまでもない話などもありました。しかし、その話でさえもひとりの若者の成長していく姿をあたたかく見守る師匠の話としては何の問題もないとも言え、やはり指摘する程のものでもないと思うのです。

つまりは、あえて欠点としてあげつらうことの程ではない、と言うべきなのでしょう。情感豊かに展開されるこの物語を、ただひたすらに楽しみたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR