FC2ブログ

野口 卓 危機 軍鶏侍


軍鶏侍シリーズの第六弾はこのシリーズ初の長編です。とは言っても、外伝として『遊び奉行』という長編があるので厳密にはシリーズ初とは言えないのかもしれません。

園瀬の里に「雷」つまり、音だけの花火である煙火(えんか)が打ち上げられた。「雷」とは藩に緊急の出来事が起きた時の知らせのことだが、周りには何の異変もなく、誰が何のために打ち上げたのか分からないままだった。源太夫や芦原讃岐、それに裁許奉行であった九頭目一亀らは、この出来事は公儀隠密の仕業ではないかと疑う。そして、その狙いは園瀬の名物となっている盆踊りで騒動を起こすことにあるとの感触を得るのだった。

今、私の中でシリーズものの時代小説では一番面白いと思っているシリーズです。今回は源太夫が藩の政治の波に巻き込まれていき、改革の時の仲間と共に活躍する姿が描かれています。

「雷」が打ち上げられたその背景を探るうちには、かつての藩の改革で起きたような藩の重職と有力商人との結託や、園瀬藩の特産である莨栽培の秘密を狙う隣藩の存在などが疑われ、それらの疑いを一つずつつぶしていく作業が描かれます。その過程で、これまでシリーズの中で語られてきた園瀬の自然や来歴、成り立ちなどが整理されたり、更なる積み重ねがあったりと、園瀬藩の表情がより明確になっていくのです。

特に『遊び奉行』でもそうだったのですが、園瀬の「盆踊り」、つまりは「阿波踊り」をイメージしていると思われる「盆踊り」への作者の思い入れが強く感じられる物語になっています。「阿波踊り」の美しさは私も個人的に常々思っているところでもあり、いつかは本物の「阿波踊り」を見たいものです。

シリーズ当初では人嫌いで、なるべく人とのかかわりのない生活を望んでいたはずの源太夫ですが、ここにきてみると人との関わりを忌避するどころか、これからの人材である若者に剣を教え、見守り、相談に乗り、それのみならず藩の中枢に居る人物たちとのかかわりから、事実上藩政に関わりを持たざるを得ない立場にさえいます。話の中でも、折に触れそのことには触れられてはいるのですが、読者にとっては楽しいばかりです。

美しい園瀬の里を舞台にしたこのシリーズは、剣の使い手である源太夫を中心にして様々な顔を見せる物語として大きく成長しています。若者たちの成長譚、剣豪もの、アクション、恋物語、そして軍鶏、そのそれぞれがこのシリーズを語る作者の情感豊かな文章で綴られていくのです。今後の展開を心待ちにしたい作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR