FC2ブログ

野口 卓 闇の黒猫: 北町奉行所朽木組


『軍鶏侍』の野口卓による北町奉行所の定町廻り同心である朽木勘三郎を主人公とした捕物帳形式の新しいシリーズで、「冷や汗」「消えた花婿」「闇の黒猫」の三篇が収録されています

「冷や汗」 京に本店がある呉服・太物商の桜木屋の支配役の金兵衛が、池之端仲町の自身番で勘三郎を待っていた。金100両が無くなっているものの、いつ盗られたかは不明だという。勘三郎は父親が「闇の黒猫」と呼んでいた凄腕の盗賊の仕業ではないかと疑うが・・・。

「消えた花婿」 呉服町にある諸国銘茶問屋の大前屋から、祝言をあげたばかりの息子俊太郎が行方不明だとの相談を受けた。気が弱く、遊び仲間からの誘いを断りきれない俊太郎の、勘当寸前の最後の望みの綱として嫁を迎えたのだという。しかし、何か隠し事があるようで、密かに調べを入れる勘三郎だった。

「闇の黒猫」 夜遅く、塗物問屋の北村屋から出てきたひとりの盗人を捉えた。この男こそ「黒猫」だとの思いを強くする勘三郎だったが、男は一時の気の迷いによる盗人だと言いはり、名を歌川吉冨という絵師だというのだった。

情感豊かに描かれた『軍鶏侍』の印象が強かったので、本作品の読み始めは戸惑いがあったのが事実です。本作品はどちらかというと、抒情性を排し、客観性を重んじているようで、勘三郎の主観もその描写はほとんどありません。本書が捕物帳であることから、作者はあえてそのような手法を取っておられるのでしょう。

作者は、本書の舞台背景の説明にも心を砕かれていて、邪魔にならない程度に、それでも他では見ないほどに用語や小道具の説明が入り、それはそれで興をそそられます。

最もユニークと感じたのは、勘三郎の配下として岡っ引きの伸六とその手下である安吉と弥太がおり、それに見習の和助と喜一とがいて、彼らが朽木組と呼ばれるチームとして活躍することです。勘三郎は探索の方向性を示し、伸六が具体的な指揮をとり、安吉と弥太が和助と喜一を使いながら調べに走るのです。

そのそれぞれが一人前のあかしとも言われる渾名、異名を付けられており、腕は確かな「減らず口の安」とか、見かけによらず優しい「地蔵の弥太」などと、はっきりとした性格づけが為されています。見習いである安吉と弥太についても同様で、「独言和尚」「ぼやきの喜一」という渾名を持っています。勘三郎も勿論渾名があり、その名前の頭の三文字からから「口きかん」と呼ばれています。

『軍鶏侍』において、園瀬藩という風光明美な里を設定し、軍鶏というこれ以上無いほどにユニークな舞台を設けた作者らしい、新たな捕物帳が誕生したと言えるでしょう。

このシリーズは一作しか読んでいないので、次の作品を楽しみにしてみましょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR