FC2ブログ

池井戸 潤 オレたちバブル入行組


先に続編を読んでしまっていたのですが、本書もまた十分に面白い小説でした。もちろん本書も勧善懲悪の物語です。主人公がいわれなき中傷を乗り越え、非道な上司や横暴な得意先に対して反撃するくだりは、十分に溜飲を下げることができる、痛快エンターテインメント小説です。

バブルも華やかなりしころに産業中央銀行に入行した半沢直樹も、今は大阪西支店融資課長となっていた。その半沢は、支店長の浅野の命により融資をした会社が回収不能に陥ってしまう。ところが浅野支店長はすべての責任を半沢に押しつけようとするのだった。しかし、それに黙って従う半沢ではない。今、半沢直樹の反撃が始まる。

惹句にある通りの痛快エンターテインメント小説です。経済のど素人の私にも銀行の仕組みを分かるように解説しつつ、中間管理職の悲哀を十分に示してくれます。それでいて、非道な上司の身勝手な言い分をも覆し、更にはヤクザと見まがうばかりに腹黒い中小企業の経営者に対しても反撃を加える半沢の活躍が、この作者のテンポがよく、分かりやすい文章で語られていて、面白くないはずがありません。ありふれた言葉ですが、まさにカタルシスをもたらしてくれるのです。

確かに、見方によっては登場人物はステレオタイプである、と言えなくもありません。成功は自分の手腕であり、失敗は馬鹿な部下の責任だとする、能力のない上司の典型として語られるタイプがそのまま登場していますし、本書で半沢が振り回される銀行の顧客にしても、自分のことしか考えない経営者です。

しかし、型にはまった登場人物ではあっても、現実を反映しているからこそ一般に受け入れられているのでしょう。更に、銀行内部のさまざまな手順や処理のしかたが、銀行の内情に絡めてテンポよく描写してあるため非常に読みやすく、先の展開に対する期待を持って読み進めることになります。

個人的には大企業内での人間関係、パワーバランスなどの実際は知りません。勿論銀行内部の事柄も知りません。しかし、そんな読者も、設けられている舞台設定が実際在り得る状況であろうし、また現実に見聞きする舞台設定と同じだと、素直に受け入れることができるのです。

とにかく、痛快小説のパターンに則った物語であり、安心して読めるお勧めの小説です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR