FC2ブログ

三浦 しをん 仏果を得ず


三浦しをんという作家は、さまざまな職種の主人公を設定していますが、今回は文楽です。日本を代表する伝統芸能の一つである人形浄瑠璃文楽は、太夫・三味線・人形が一体となった総合芸術で、今回の主人公はこの太夫の語りに精進する若者です。

高校の修学旅行で人形浄瑠璃・文楽を観劇した健は、義太夫を語る大夫のエネルギーに圧倒されその虜になる。以来、義太夫を極めるため、傍からはバカに見えるほどの情熱を傾ける中、ある女性に恋をする。芸か恋か。悩む健は、人を愛することで義太夫の肝をつかんでいく―。若手大夫の成長を描く青春小説の傑作(「BOOK」データベースより)

あい変らず読ませ方がうまい作家さんです。文楽の世界など全く知らない私ですが、どこかで聞いたことのある「義太夫」とか「仮名手本忠臣蔵」などの名詞が飛び交う中、いつの間にか作中の世界に浸っていました。

そもそも人形浄瑠璃というものを詳しくは知りません。テレビの画面の中で数回、それもいくつかの場面を見た事があるだけです。今では「文楽」という言葉は人形浄瑠璃のことを意味しますが、本来は人形浄瑠璃専門の劇場の名だったそうです。その文楽での語りを担当する太夫が今回の主人公になります。

芸の道を生きる人を描いた作品は、芸道とは縁遠いところで暮らしている私たちのような一般人にとって理解のしにくい分野ではあります。見知らぬ分野であっても、この作者の作品でいえば『船を編む』の辞書の編纂の世界もその実際は分からないものの、まだ理解の範疇にあると思えますし、『風が強く吹いている』の駅伝の世界でも同様です。本当は知らない世界であっても、普通人の日常の生活から追体験できる気になれる分野なのです。

しかし、「芸」の道は感性の問題であり、とても一般人の理解できる世界ではないと思うのです。それを小説家という人たちは、感性の世界を私たちも理解できると思える世界に再構築してくれています。

本当は柔道や格闘技を描く武道小説も、剣豪小説の剣の道にしても同様のことが言えるのでしょうが、「芸道」よりは身近に思えます。それは、単に自分が芸の道から遠いところにいるからなのかもしれませんが。

ただ、その感覚が離れすぎていると、読者も引かざるを得ないのですが、三浦しをんという作家はそこらがうまく、私のような一般素人でも、浄瑠璃の作品世界の解釈に苦しんでいる主人公の内面を理解できるような気にさせてくれるのです。

そうはいっても、やはり少々ついていけないところもあります。最もそう思うのは、小学生が浄瑠璃の舞台を見て涙を流す場面であり、やはり理解できません。まず、小学生は高学年ではあっても言葉の意味すら理解できないでしょうし、言葉の意味を教えていたにしても小学生の感性で涙まで流す表現にはついていけません。私にとってその場面は物語の世界を壊す場面でした。

とはいえ、三浦しをんという人は、やはり物語の作り方がうまい作家という印象しかありません。若干好みは分かれるかもしれませんが、面白い小説ではありました。

蛇足ですが、わが郷土の熊本でも人形浄瑠璃の常設小屋(と言っていいのか分かりません)があります。阿蘇の南、宮崎県との県境近くの山都町にある「清和文楽館」というのがそれです。私の奥さんは行ったことがあり、素晴らしかったそうです。残念ながら私はまだ行ったことがありません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR