FC2ブログ

逢坂 剛 禿鷹狩り 禿鷹4(上・下)



禿鷹シリーズの最終話です。意外性満載の展開になりました。

あんたの仕事は、ハゲタカを消すことにある。そう、神宮警察署の悪徳刑事・禿富鷹秋を狩り立て、この世から抹殺するのだ―ヤクザも南米マフィアも手玉にとるあの極悪刑事の前に、最強の刺客が現われた。巧妙に仕掛けられた執拗な罠を、果たして潜り抜けることは出来るのか!?(上巻)
渋六興業と禿富鷹秋の癒着関係を暴き、警察組織から追い出しにかかる―ハゲタカを執拗に追い回す敵は、同じ神宮署生活安全特捜班に所属する、屈強でしたたかな女警部、岩動寿満子だった。寿満子は渋六の野田に、チャカ五挺と引き換えにある裏取引を持ちかけるが…稀代の悪徳刑事を衝撃のラストが待つ。 (下巻)
(「BOOK」データベースより)

ハゲタカを演じるとしたら誰だろうと思いながら読んでいました。思いついたのが、ベタなところで遠藤憲一。一昔前では強面というだけで室田秀夫や、ちょっと優しい面もあるけど川谷拓三も良いかななどと思っていました。しかし、解説を読んで驚いた。リチャード・ウィドマークだとは思わなかった。

シリーズ当初は渋六興業と禿富鷹秋対南米マフィアのマスダという構図だったのですが、シリーズが進むにつれ、警察内部の対立に重点が移ってきました。そして本書。とうとう、マスダは重要ではありますが、脇役に回ってしまいます。

代わって登場したのが、神宮署生活安全特捜班所属の警部岩動寿満子です。この女が女版ハゲタカとも言うべき存在であり、禿富刑事と渋六興業の水間や野田らの前に立ちふさがります。岩動警部とコンビを組まされている嵯峨俊太郎警部補もミステリアスな雰囲気を持っていて、魅力的です。

本書においても、物語の軸として描写されることが多いのは相変わらず水間です。実際は禿富刑事が状況を仕切る結果になってはいくのですが、舞台は水間の視点で語られる場面が多いのです。しかしながら、禿富刑事の存在感が圧倒的なので、水間も野田も、勿論その他の登場人物も、禿富刑事の動きに振り回されていくのはこれまでと同様です。

しかし、禿富刑事を鏡に映しだしたような岩動寿満子の登場は、本作をこれまでのシリーズとは異なる物語としています。マスダが脇に回ったということです。

そうした二人の対決場面の、下巻に入っての禿富刑事と岩動寿満子との取調室でのせめぎ合いは圧巻です。二人がそろうと、やはりその存在感においてハゲタカのほうに軍配が上がるのは仕方がありませんが。

その後、終盤に向かって物語は加速し、衝撃のラストへとなだれ込みます。

そして、意外な結末のあとに、更に新たな事実が判明し、ある人物の独白で物語は終わりますが、この独白の意味をどう解釈していいのか、迷っています。受け取り方次第では、更に明かされた事実と合わせて禿富刑事の築き上げられてきた印象も変わるし、ということはこのシリーズ全体のイメージも大幅に変わってしまうからです。

このあとに外伝があるそうなので、そこで明らかにされれるのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR