FC2ブログ

ジョン・ヴァーリイ ティーターン

写真はありません。

もう30年以上も前に読んだこの本ですが、再読してみました。女船長のシロッコを主人公とするこの物語は、「八世界」シリーズで有名なジョン・ヴァーリイの、冒険小説と言ってもおかしくないSF小説です。

土星の近くで新たな衛星を見つけ、接近してみるとそれは車輪状の構築物だった。探索のために近づいたシロッコたちはその衛星に飲み込まれてしまう。目覚めると、そこは超巨大な車輪の内部であり、見知らぬ生物が闊歩する世界だった。

以前読んだブライアン・W・オールディスの『地球の長い午後』と同様の、異世界を舞台とする冒険小説、とも言える作品です。

『地球の長い午後』は遠い地球の姿を描いた小説でしたが、本作品は舞台そのものが異星人の構築物なのです。それも土星の衛星ヒューペリオンの軌道の内側に二点で接しようとし、その内側にある衛星ティターンの軌道を横切る軌道を持つ、直径が1300Km、外周が4000Kmにもおよぶ巨大なリング状の構築物です。

ヴァーリイの小説らしく、主人公は女性です。それもリーダーとしての資質を十分に備え、冒険心に満ち溢れた女性として描いてあります。その主人公を船長とする「リングマスター号」ごと、テミスと名付けられた構築物に飲み込まれてしまいます。

そこから先は、以後「ガイア」と呼ばれるこの構築物の内部を、同時に飲み込まれた他の6名の乗組員を探しながら、更にこのガイアのハブ部分にいるであろうガイアの創造者に会うべく探検していくのです。途中、飛行船にも似た空中浮遊生物や、ギリシア神話のケンタウロスに似たティーターニス、天使そのままの姿をした生物などガイア独自の生物に遭遇しつつ、天に向かってそびえるケーブルを伝い、ハブを目指します。

「戦い」「戦争」といった人間の闘争行為に対する、揶揄とも思えるあからさまな設定を持つこの物語は、本書に続く第二部でも「争い」の醜さを示唆しているそうです。作者の本作品を書いた意図の一端はこうしたところにもあるのかもしれません。

本書はハードSFなのです。しかしながら、内容はファンタジーとも言える冒険譚になっています。SF好きでなければ決して手に取ることもないであろう作品ですが、本書に続く第二部、第三部で物語は更なる展開を遂げる、のだそうです。残念ながら続編は読んでいません。第三部は日本語への翻訳すら為されていないようです。でも、いつか第二部は読んでみたい作品です。

蛇足ながら、本書の中で「十二番目の衛星を見つけた」との台詞があります。ところが、ウィキペディアによりますと「2009年10月までに、土星には64個の衛星(うち3個は不確実)」があると記載してあるのです。本書が刊行された1979年頃の情報はそうだったのでしょう。ちなみに、私の手元にある文庫本は3版で1983年3月25日で、初版の刊行日は1982年7月23日です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR