FC2ブログ

野口 卓 心の鏡 ご隠居さん(二)


ご隠居さんシリーズの二作目の連作の短編集です。前作の最後の「庭蟹は、ちと」で、梟助じいさんの正体が明らかになったのですが、本作では相変わらずに鏡を磨いで町を流す日々です。

「松山鏡」 梟助のお得意先である「三味線加良屋」の八重という嫁から、鏡の出てくる落語はないかと訊ねられた。言われて驚くことに鏡の出てくる落語がほとんどない。ひねり出した落語が「鏡のない村」という名も持つ「松山鏡」という話だった。

人はなぜ鏡を見るのだろう、と考えた八重は、鏡を見ないで暮らしてみます。鏡が人そのものを映すのならば、見てくれを気にする必要はないのではないか、というのです。なんとなく寓意的な物語でもあると感じますが、そういえばこの梟助じいさんの物語は全体的にそうした雰囲気を持っているとも言えそうです。

「祭囃子が流れて」 赤坂新町四丁目の菓子舗「狒狒屋」の主人福右衛門は仕事一筋の男だった。この福右衛門が「狒狒屋」を出すに当たっては大変な苦労をしたということだったが、福右衛門は何も話さない。そんな福右衛門のただ一つの楽しみが梟助の話を聞くことだという。そんな福右衛門がある思い出を語り始めた。

今回の梟助は半分ほどは聞き役にまわっています。その聞き役での話しの部分がよく分かりませんでした。物語前半の様々な物売りについての説明話は面白いのです。「親孝行」という商売など笑ってしまいます。ただ、福右衛門の昔語りに出てくる謎の祭りの絵ときについては、その面白さも、絵ときの意味もいま一つ理解できませんでした。

「婦唱夫随」 漆器類を商う「津和野屋」に出向くと、主人の宇兵衛とその妻佐和とが待っていて、犬や猫は人間の言葉がわかるのだろうか、と聞いてきた。そこで梟助は南町奉行でもあった根岸鎮衛(やすもり)の「耳嚢(みみぶくろ)」に書かれている「猫物をいう事」の話をするのだった。

この宇兵衛と佐和夫婦と話しながら、梟助は自分の嫁であったハマを思い出しています。互いに思いやる二人を見ていると、常に蔭になって自分を支えてくれたハマを思い出すのです。本来「夫唱婦随」とは夫の言葉に、妻が従うことを言うそうです。しかし、現在では夫婦仲の良いことを意味するようになっているそうで、この物語もこちらの夫婦の仲のよさを言っているようです。

「夏の讃歌(ほめうた)」 呉服問屋丹後屋のご隠居のナミばあさんは縮緬ばあさんとでもいうべき人だった。ある日、奥さまが急用でいないときに、そのばあさんと話す機会を得た。ばあさんは、人生の三つの節目、誕生と結婚そして死に一日で巡り合わせたことがあったという。

今回は、普段は奥さまと共に聞いているだけのナミばあさんが話し手になり、梟助が聞き手になります。ところが、話をするナミばあさんは娘のように若やいで見えるのです。普段あまり話をすることもないお年寄りは、心の中の昔語りをすることで生き生きとしてくるのでしょうか。それとも梟助が語り手としてだけではなく、聞き役としても上手だということなのでしょうか。

「心の鏡」 ある日初めて呼び止められた武家屋敷で古びた鏡の磨ぎを頼まれた。調べてみると白銅の鏡らしい。屋敷の隠居は「古鏡記」という千年以上も前の唐の本に鏡について書かれているという。梟助はその本について知りたいこともあって、鏡の磨ぎを引きうけるのだった。

鏡磨ぎ職人としての梟助じいさんの面目躍如たる作品です。物語の背景には611年から617年までの出来事を記した唐の書物の『古鏡記』という本が背景にあり、武家屋敷の隠居から頼まれた古鏡の磨ぎに入るのですが、その材質への配慮や作業の手順など、職人の仕事を傍で見ているような感じになる作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR