FC2ブログ

高嶋 哲夫 富士山噴火


これまで読んだ高嶋哲夫のパニック、シミュレーション小説の中では一番面白いと感じた小説でした。

御殿場市にある養護老人ホーム「ふがくの家」の施設長である新居見充は、三年前の平成南海トラフ大震災のとき、陸上自衛隊のヘリのパイロットとして救護活動についていたが、自分の妻と息子を救うことができなかった過去をもっていた。そんな折、静岡日報の記者で友人の草加の紹介で日本防災研究センターに行き、富士山が噴火すると聞かされる。噴火の可能性の高いことを信じた新居見は市長の黒田に働きかけ、非難の準備に取り掛かるよう進言するのだった。

本書の主人公は自衛隊員として活躍した人物で、三年前の平成南海トラフ大震災で娘以外の家族を失っています。そのことで娘は新居見から離れ、東京で医師として働いています。この親子の確執が徐々に解けていく様子もサブストーリーとして見所の一つです。

富士山噴火が現実のものとなったときに、新居見を中心としたグループの活躍で、御殿場市や富士宮市など近隣都市の九十万人にもなる住民の避難が開始されます。

この避難行動の描写は、エンターテインメント小説として手に汗を握るスリル満点の読み物として仕上がっており、なかなか本を置くことができませんでした。しかし、この小説に引きこまれて緊張感のある展開に目を離せない状態になってはいるものの、書かれている内容は全くの絵空事ではない、ということが読んでいる間も頭をよぎります。

小松左京の名作『日本沈没』を読んでいたときは、そのスケールの大きさにエンターテインメントとして純粋に楽しむことができました。大地震の可能性は否定できなくても、日本そのものの消滅という事態は無意識のうちに空想と割り切っていたからです。しかし、本書の場合、可能性がたとえ数パーセントであってもゼロではなく、現実に阪神大震災、東日本大震災を経験しているのですから、どこか冷めている自分がいました。

何度も書きますが、小説としてはかなり良くできた作品だと思います。だからと言って難点が無いわけではありません。退官した自衛隊員が事実上自衛隊を指揮する、などということはあり得ないでしょうし、九十万人という住民の避難が数日で可能だとはとても思えません。でも、そうした現実論をも越えたところでこの小説は展開しています。それほどに面白いです。一方、それをしなければ全滅という事態が目前のものとなったときに、人間はいかなる行動を取るものか、考えさせられる小説でもありました。

これまでに『M8』『TSUNAMI』『東京大洪水』と災害小説を書いている高嶋哲夫という作家ですが、ここに『富士山噴火』という小説が加わりました。エンタメ小説としてもよくできているし、啓蒙の書として読むことも可能かもしれません。他に『首都感染』『首都崩壊』というシミュレーション小説も書かれています。

蛇足ですが、先日、NHKテレビの「ブラタモリ」という番組で「富士山」をテーマにした回がありました。そこでは富士山の成り立ちの説明があり、古富士などの名前も出てきていました。同様の説明が「宝永火口」の成り立ちも含めて本書でも為されていて驚いたものです。身内が富士市に住んでいる身としては身近な話でもありました。そこへこの本ですからすぐにこの番組を思い出していました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR