FC2ブログ

梶尾 真治 さすらいエマノン


エマノンシリーズの二作目です。本巻では前作よりもちょっとだけ少なめの五作の短編が収められています。とは言っても、本書一話目の短編作品「さすらいビヒモス」が1984年11月号、最後の「いくたびザナハラード」が1992年1月号の「SFアドベンチャー」掲載の作品であり、前巻の『おもいでエマノン』とそれほど傾向、雰囲気が変わっているわけではありません。

本書では特に人間ドラマを描いているというよりは、自然の摂理を越えたところで起きている異常現象にエマノンが絡んでいく、そうした物語が殆どです。

「さすらいビヒモス」では、過去の記憶をもった象が町中で暴れまわるその理由とは。「まじろぎクリィチャー」では、アメリカはメイン州に設けられた禁忌区に出現する怪物。「あやかしホルネリア」では、意思をもった赤潮。「まほろばジュルバリ」では、アマゾンの乱開発を原因として封印が解けそうな悪い精霊。「いくたびザナハラード」では、人間を滅ぼそうとする超意識が。

どの物語も、自然と対立する人間の行いに対する自然または超自然の反撃に、エマノンが手助けをすることで事なきを得る、という構造です。

これらのアイデアと、それを物語として仕上げる梶尾真治と言う作者の手腕が楽しめる作品集になっています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR