FC2ブログ

堂場 瞬一 十字の記憶


今まで読んできたこの堂場瞬一という作家の作品の中ではわりと軽めの作品です。

東京から車で一時間ほどの距離にある白崎市で、野本前市町の息子が後頭部に二発の銃弾を受け殺された。福良孝嗣は約二十年ぶりに戻ってきた白崎市の長浦新報白崎支局長として、福良と高校陸上部のリレー仲間である芹沢拓は県警捜査一課という立場で、同じ事件を追いかけることになった。しかし、捜査の進展が無いまま、同様の手口で市職員OBの諸岡が殺されるのだった。

この作品の前に読んだこの作者の作品である『警察(サツ)回りの夏』に比べると見劣りがします。正確に言うと、私の好みからは前作のほうがより面白く感じました。

本作品には、探偵役として記者である福良孝嗣と刑事である芹沢拓という二人の探偵役がいます。本来情報交換はできないはずの二人ですが、事件の根っこが二十年前の高校時代の一夜につながるところから協力関係を結ぶことになります。

本書が堂場瞬一という作家の作品として若干異色な面があるとすれば、それはこの郷愁的な側面でしょう。その異色さは、私が本作品に対し抱いた不満点にもつながっています。当事者の過去に関連するとされる犯罪動機が、読者、つまりは私をを納得させられるだけのものではなかった、ということです。

小説として面白く読んだということには間違いはないのですが、犯罪動機の点で不満があるためか、本書終盤の結末のつけ方に対しても不満がそのまま残っています。一応は探偵役と犯人との会話の中で結末に対する弁解めいたことを言わせてはいるのですが、やはり犯人側の最後の行為について、粗すぎという印象しかありません。

作者自らが「本作は警察小説ではありますが、一方で青春小説でもあります。」と言われているように、「高校を卒業し、それぞれが別の道を歩み、時には敵となり時には味方となりながら、果たして当時の友情は復活するのかどうかという微妙な人間関係」が描かれているのですが、青春への悔悟を含んだ思い出を解消する、その点こそが少なくとも私を納得させるものではなかったのです。

舞台背景を丁寧に書いてはあるのですが、これまでの作品に比べると見劣りがします。クールで重厚な書き込みこそがこの作家の持ち味だったと思うのですが、本書はその点があまり感じられず、この作家の作品にしては物語としての書き込みの不足を感じました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR