FC2ブログ

堂場 瞬一 検証捜査


この作家らしく細かく書込まれた、読み応えのある警察小説でした。

とある失策から伊豆大島署に飛ばされていた神谷警部補は、突然、本庁の刑事部長から、神奈川県警に出頭し警察庁の永井管理官の指揮下に入るようにとの命を受けた。その足で神奈川へと向かった神谷だったが、そこには北海道、福岡など各地から集められたメンバーがいた。明日出るであろう連続婦女暴行殺人事件の控訴審での無罪判決に対する警察庁なりの対応策として、神奈川県警が行った捜査についての調査のために集められたらしい。神奈川県警の反発が予想される中、メンバーによる調査が始まった。

この作品に対するレビューを見ると、決して評価は高くないようです。でも、個人的には好きな作品の一つと言えるものでした。短気ですぐに手が出るという神谷のキャラクターもそれなりに愛嬌はあるし、物語全般にわたる謎の設定にも引っ張られ、読んでいる中での間延び感も無く、面白く読むことができました。

物語の流れとして、神谷が呼び戻された理由や、神谷の以前の失敗、保井凛の個人的な弱みなど、細かな設定が明かされておらず興味をかき立てます。これらの秘密は物語の進行につれ少しづつ明らかになります。そして、大きな謎として真犯人は誰かという点、更には神谷の以前の失敗につながる事件の謎があり、警察ミステリーとしての王道を行くと言えるのです。

神谷が呼び戻され加わることになったチームの個々人の書き込みがもう少しあればという気がしないでもないのですが、それでも、このチームとしての特命班の活躍は、普通の警察小説の「班」とは異なる魅力を持っています。

チームリーダーである永井管理官のキャリアとしての性格付け、大阪府警の監察室の島村の監察官としての尋問能力、福岡県警捜査一課の皆川の体力バカぶりなど、当初はバラバラだった特命班の個々人の振舞いが明確になり、更に次第にまとまっていく様子は、定番とはいえ惹きこまれます。

ただ、保井凛という女性との絡みだけは若干違和感を感じましたが。

こうした警察の不祥事であげられるのは決まって神奈川県警です。他には北海道警や大阪府警の問題もありますが、やはり神奈川県警が警視庁との不仲のこともあり、物語として描きやすいのでしょうか。本書で描かれる神奈川県警のミスは、もはやミスとは言えない緩みきった体質を持った組織として描かれています。現実の警察がこうではあってほしくないと、痛切に思う物語でもありました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR