FC2ブログ

梶尾 真治 まろうどエマノン


「かりそめエマノン」「まろうどエマノン」の二編の中編が収められた作品集です。エマノンシリーズでは三巻目ということになります。

「かりそめエマノン」 養護施設の愛童園で育ったずっと独りで育ってきた拓麻には女の兄弟がいたはずだった。今では荏口夫妻に養子として迎えられ、荏口姓を名乗る拓麻は、特殊な能力を持つ自分に気づいていた。

太古からの記憶を受け継ぐエマノンは一人の娘を産むことでその記憶を引き継いできています。しかし、昭和二十年前半に生まれたのは何故か男女の双子であり、その片割れが拓麻だったのです。その拓麻は自分の存在意義を常に探し求めていましたが、物語の最後にその理由を探し当てます。

私の好みからは今一つの物語でした。『さすらいエマノン』の中の短編にも似たような設定があったように思います。そして、すこし大げさに言うならば、C級の安っぽいSF映画のような安易さを感じてしまったのです。好みの問題と言えばそれまでですが、梶尾真治という作者の力量からすれば、もう少し練り上げた物語が描けるはずだと思います。

「まろうどエマノン」 小学校の四年生の夏、十歳になった廣瀬直樹は、九州の中ほどにある父親の田舎で過ごすことになったが、そこで長い黒髪をしたエマノンと名乗る女性と出会った。直樹は、エマノンの頼みに応じて罠にかかった「ましら」を助けることになり、ちょっとした冒険に乗り出すことになった。

この物語も、この作者の他の作品の中に似た設定の物語がある、そんな印象の物語でした。熊本のとある町を思わせる田舎町でのひと夏の出来事が描かれますが、主人公が私と似た年齢でもあり、郷愁を感じさせる話ではあるのです。でも、やはり、もう一歩練ってほしいという印象は否めません。

少々きつめの感想を書くことになりました。エマノンシリーズの持つ弱点なのかもしれませんが、シリーズ自体にどうしても安っぽい映画の設定に思える物語が多いという印象があります。特に本書の作品は他より少しだけ長めの物語だけに、特にその傾向が見えたのかもしれません。両作品共に勿論面白いのですが、物足りなさが残ってしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR