FC2ブログ

池井戸 潤 銀行総務特命


経済音痴の私にとって、銀行内部のさまざまな業務内容、そして人間模様は実に興味深く読みました。特にバブル期の銀行の悪名は銀行には無関係の私にも聞こえていて、本書はそうしたバブル期の銀行のありようが如実に描かれている「痛快経済小説」とも言うべきた連作の短編集なのです。

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある罠を用意しているとも知らずに―「総務特命担当者」の運命はいかに!?意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。(「BOOK」データベースより)

大ヒットテレビドラマの『半沢直樹』と同様に話題になった『花咲舞が黙ってない』の原作にもなっている作品で、半沢直樹同様に銀行を舞台にした小説です。ただ、本書の主人公の指宿修平は銀行内部の不祥事を処理することを職務とする総務特命担当という地位にあります。つまりは彼の元に銀行内部の様々なトラブル事案が持ち込まれるのであり、小説ネタとしては最適でしょう。

とはいえ、銀行実務の経験がある作家だからこそ書けるネタでもあり、実際この小説の内容は普段見聞きすることのない銀行業務の紹介的内容にもなっています。例えば、現代では特に大規模になっている顧客の情報漏えいや現在銀行に勤めている行員のAV出演疑惑等々の問題が取り上げられているのです。

加えて、銀行も一会社組織であり、そこに勤める銀行マンのサラリーマンとしての悲哀もあります。上司によるパワハラ、融資に絡む情実など銀行独自の問題もありますが、これらの人間ドラマも見所です。

主人公の指宿の手足となって動くのが鏑木和馬という総務部企画グループの若手です。この鏑木が指宿の右腕となって活躍するのですが、途中で現役行員のAV出演問題のとき、唐木怜という女性が人事部担当者として参加してきます。この唐木が後には指宿の相方として動くことになるのです。

『半沢直樹』のときもそうでしたが、主人公の胸のすく活躍で直面する問題を解決していく、その痛快さが本書の魅力でしょう。相手は同じ会社の対立する上司であったり、問題を抱えた顧客であったりとさまざまですが、指宿の処置はそれらの難題をクリアしていくのです。

池井戸潤原作のドラマが人気なのもよく分かる小説でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR