FC2ブログ

三浦 しをん 政と源


あれほどの地震があっても、一日は普通に過ぎていき、あの地震から三週間も過ぎてしまいました。

余震は次第に弱く、そして間遠くなってはいますが、更に大きな奴が来るのではと、誰もが小さくない不安の中で一日を送っています。

昨夜は余震では一度だけ目が覚めました。朝になってネットで確認すると、震度1だということでした。自分の感覚はいつも一つ分だけ大きく感じています。

今回の本は震災後最初に読んだ本です。この作者の作品はとても読みやすくいつもほのぼのとしているので、ささくれ立った神経を休めるには一番だと思ったのです。しかし、若干の期待外れでもありました。

七十歳も過ぎた爺さん二人が織りなす人情喜劇です。三浦しをん氏の作品群の中ではお勧めの程度は高いとは言えない作品でした。

嫁さんに愛想を尽かされ、現在別居中の真面目だけが取り柄という国政、対してこめかみに残ったわずかな毛をさまざまな色に染め分ける、つまみ簪職人の源二郎という二人が織りなす人情劇です。

勿論、三浦しをんという名手が紡ぎ出した物語ですからそれなりの面白さはあります。しかし、七十歳も越えた老人二人の元気良さはまだしも、何故か感情移入ができにくいのです。『まほろ駅前シリーズ』の多田と行天、『神去シリーズ』の勇気と与喜など、この作家の登場人物はどれもひと癖もふた癖もありそうな個性豊かな人間で、それでいて身近にいそうな親しみを感じる人たちでした。

本書の二人の場合、この身近に居そうなという感じがしません。つまみ簪という初めて耳にする言葉を知ったことが収穫と言えば言えるかもしれませんが、人間ドラマというほどに人間が描かれているとも感じられず、三浦しをんという作家にしては厚みのない物語だと残念に思いながらの読了でした。

本書の二人には感情移入がしにくいのは、私と年齢が似ているためかとも思ってみました。といっても私よりは十歳位は年上なのですが。その二人が若者に喧嘩を売ったり、別居状態の嫁さんとよりを戻すべくあがいてみたりと何かと動き回りますが、源二郎の弟子である徹平の行動も含め、あまりに軽いとしか思えないのです。

違和感の原因の一つは、本書のイラストが少女漫画のそれだということもあると思います。とてものこと七十過ぎの爺さんではありません。

読後にこの物語が少女小説雑誌に掲載されていたものだと知りました。だから物語の厚みをあえて無くした書き方になっているのかと、もともとゆるめの作風である三浦しをんという作家ですから、読み手の年齢を考慮するとこう言う書き方になるのかと、納得したのです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR