FC2ブログ

百田 尚樹 永遠の0(ゼロ)


今朝方五時過ぎ、小さくぐらりときた余震で目が覚めました。でも、Yahooの地震情報をみるとその頃には余震の記録はありません。しかし、決して車が通ったために家が揺れたのではありませんでした。筈です。と思います。

1、読むきっかけ

この作品が世間の高評価を得ていた頃、同時に作者本人の過激な政治的な発言を耳する機会も増えていきました。単におしゃべりな人という印象が、物事への決めつけが激しい高圧的な人との印象へと変化していったのです。と同時に、あまりにさまざまな評価を受けることになった本書も、この作家の作品への期待の喪失もあり、読まなくなりました。つまりは、作者の言動への批判的意味合いがあったのかもしれません。

しかしながら、映画を見、一番耳にしていた特攻礼賛、戦争賛美という印象を受けなかったので、原作もそうなのか確認しなければならないと思うようになった次第です。

2、読みながら感じたこと

まず、浅田次郎の『壬生義士伝』との類似を感じました。このことは私自信が作者本人が『壬生義士伝』を参考にしたと言っているのをテレビで見ましたので間違いのないところです。

勿論、先人の著作を参考にすることが悪い筈も無く、それどころか芸術は模倣から始まるということは多々言われているところです。ただ、本書に関しては、単なる物語の構成や運び方だけではなく、主人公の設定や読み手の感情の誘導までをも計算で無されているように感じられたのは残念でした。

3、小説としての評価

次に、小説としての本書を見た場合、インタビューの相手は八十歳を越えた人たちでありながら、かつての出来事を具体的な数値まで挙げて如実に語ることの不自然さがあります。戦記ものとしてこういう作法があるのかは知りませんが、小説としては決して出来が良いとは言えないのではないでしょうか。

読了後、Amazonのレビューを読むと、本作はコピペにすぎないとの文言さえありました。もしそれが本当であるのならば、小説として上梓する以上は、既存の文章のコピーであること、少なくとも複数の人間がそのように感じるということは如何なものでしょう。

4、作者個人に対する感情の影響

とはいえ、小説としての面白さが無いかと言えばそれはまた別の話で、それなりにこの物語に引き込まれたのも事実です。主人公の行動についての謎で引っ張る点などは、それが成功しているかは別として上手さはあると思います。ただ、本書の一番の魅力が、コピペとの指摘がある、現実に戦争を経験した方々の文章にある、とは言えると思います。

5、特攻讃美との批判について

「まさに全方向から集中砲火」と著者本人が言うように、さまざまな批判を受けている本書です。なかでも戦争礼賛、特攻讃美という批判がありますが、決してそのようには読めませんでした。それどころか、作者自身が言っているように、特攻の否定としか読みとれませんでした。

反面、幕僚たちの非人間性を強調し過ぎるきらいはあり、図らずも作者のものの見方についての一面性を現しているようでもあり、読者の涙を誘うとの計算が見え隠れしている感じはあります。この点は作者の処女小説ということなので、ある程度は仕方がないのかもしれないとは思うところです。

6、全体として

先にも書いたように、物語としての面白さは否定しきれないところはあります。そして、この本のあとに書かれた多数の本が一般読者の支持を得、本屋大賞まで受賞することを考えると、作者の物語の紡ぎ方のうまさは否定できないところではないでしょうか。

ただ、いかんせん口が悪い。単に歯にきぬを着せないだけではなく、その言葉は暴力的ですらあります。作者本人とその作品とは別物との考え方もあるでしょうが、どうしてもこの作者の作品というフィルターが掛かってしまうことは否定できません。

その上で、私が検証していない他の作品からのコピーが多用されているとの批判は抜きにしても、やはり流される涙を計算したあざとさを感じる、というのが正直な感想ではあります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR