FC2ブログ

今井 絵美子 花あらし


ここのところ、震度2程の余震は日に一度程度で収まっていて、夜中にたたき起されることが無いだけでも助かっています。

ところで本書の写真画像ですが、Amazonへのリンクイメージ画像が大きなものしか表示されないので、大きな画像での紹介です。

「いざよふ月」 二十歳になったばかりの雪路は十九も歳の違う嶋村鞆音(しまむらともね)の後沿いとして嫁ぐが、雪路が二十四歳のとき鞆音は落馬して絶命してしまう。それから二年、明日は嶋村の嫡男裕一郎が嫁を迎える日だった。

嫁ぎ先でも勿論、実家でさえ居所の無い、夫を亡くした女の悲哀を、女の目線で丁寧な筆致で描き出してあります。

「平左曰う」 武具方御弓組の脇田平左衛門は自らの出世にあくせくすることも無い、かなりおおらかな性格をしていた。事実、小頭にはなったものの昇進はぴたりと止まってしまっている。そんな平左衛門だが、酒が入ると同一人物かというほどに曰(のたま)い始めるのだった。

やりきれなさが漂う本書の中で、めずらしくユーモアの香り漂うホッとする物語です。

気になったのは、「曰う」という言葉の使い方です。本書では「大きな態度で言う」などの意味でつかわれていますが、辞書によるとこれは現代語としての使い方らしいのです。現代の小説なので、そういう使い方もありだと言われればそれまでの話です。

「花あらし」 寿々は義姉の萩乃とともに下女として立花家へきていた。奥祐筆立花倫仁(たちばなみちひと)はとある事情で腹を切ることになるが、その時、萩乃は、そして寿々は・・・。

武家社会でひたすらに自分の思いを抑え込み、他者の心を推し量り生きようとする人々。そのことは、男も女も変わりません。 義姉は夫に尽くし、義妹は義姉やその夫に尽くし、自分の想いはひたすらに内に秘めている。それぞれが互いを慈しみ、思いやっているものの、ときの流れはそれらの思いをも押し流してしまう。美しい文章と共に、武家のたたずまいを浮かび上がらせている、切ない物語です。

「水魚のごとく」 杉浦甚内は竹馬の友である布施威一朗の出奔後、威一朗の妻華世を娶り、威一朗の子小百合をも自らの子として育てていた。ところが、華世亡き後、小百合の夫が殺されてしまう。陣内は小百合とその子の幼き慶之助のために助太刀をすることになるが・・・。

この話も、本当は重い話なのですが、語り口をユーモラスにすることで読みやすく作られている物語です。ただ、結末が示されていません。おかしみを語ることで、もしかしたら悲惨な結末になるかもしれない余韻を和らげようとしたのでしょうか。

「椿落つ」 保坂市之進がその妻実久と子と共に住む家の離れには、大祖母槇乃と保坂本家の伯母加世も暮らしていた。早くに父母を亡くした市之進は槇乃の手により育てられていたが、槇乃には誰にも言えない秘密があった。

この物語も、武家社会の中でひっそりと息づく女性の生きざまを描き出そうとしているのでしょう。情景描写を豊かにすることで人物の内面をより立体的に描き出そうとしてるいかのような、丁寧な筆致です。

保坂家の物語はこの連作シリーズの第一作目『鷺の墓』の第一話から語られている物語でもあります。

近年の、若干説明口調になっているこの作者の作品群の中では丁寧に、そして情感豊かに描かれている作品集です。瀬戸内に面する小藩を舞台にしたこの連作は、保坂市之進や白雀尼などの登場人物が繰り返し登場したりと、出来れば通して読んだ方が分かりやすいかと思われます。

時代小説の中でも、女性目線の、それも耐え忍ぶ女の姿を静かに描き出している作品集としてまずは挙げるべきシリーズ作品だと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR