FC2ブログ

東山 彰良 逃亡作法 TURD ON THE RUN



2002年度に開設された『このミステリーがすごい!』大賞の第1回受賞作(銀賞/読者賞)です。

舞台は近未来の死刑が廃止された日本。死刑の代わりに「アイホッパー」と呼ばれる、特定範囲外に出ると眼球が破裂する仕組みが導入されている社会。そんな中、「キャンプ」と呼ばれている刑務所を、連続少女暴行殺害犯で「ホリデー・リッパー」の異名を持つ河原昇の被害者の子供たちの父親らが襲います。その混乱の中、ツバメやモモ、そして張、朴というワルどもは一斉にキャンプを脱走し、福岡の街を目指すのです。

どうしようもない暴力があるだけであり、暴力と暴力の間に「猥雑」という言葉しか思い浮かばないほどの、糞便やゲロ、そして血の匂いが満ちている小説です。

物語の核をなす登場人物が多数で、若干混乱しがちです。主人公のツバメこと李燕とその仲間のミユキやモモ、ツバメと対立している在日韓国人の張武伊や朴志豪、暴力団菊池組の組長である菊池保、唯一の女性の登場人物とも言える菊池保の女である大学院生の野崎理子、そして少女暴行殺害犯の河原昇と、その河原に子供を殺され復讐に燃えるカイザーこと飯島好孝ら、と主だった人物を挙げるだけでもこれだけいます。

これらの登場人物の全員が薬や暴力の中で生きていて、一般通常人の感覚は全くと言っていいほどにありません。いわゆる普通の社会生活を送っている人はいないのです。この登場人物らの個性がそれぞれに強烈なので、少々読み進めるのに力が要りました。

主人公のツバメは「キャンプ」の図書室でフロイトの『精神分析学入門』を読んでいます。マルクスとニーチェは理解不能だがフロイトは理解できると言い切る人間です。

ツバメの内心が少なからず語られていますが、少々私の理解できる範囲の外に飛んでいってしまうことがあり、この点でも読みにくさを感じたのかもしれません。

加えて、頻繁でありながら、単にカメラが向きを変えるように場面が転換されます。ちょっと気を抜くと自分の位置が分からなくなるのです。ツバメのキャンプ内での生活が描かれているかと思えば、一行明けてはありますが、そのままキャンプ内で横を見たかのようにキャンプ外でのカイザーの行動が普通に語られています。

反面、物語の流れのテンポの良さは否めず、インパクトは強烈です。決して好みではないのですが、それなりに物語世界に引き込まれていたことは否定できません。

この回はダブル受賞で、同時受賞作が浅倉卓弥の『四日間の奇跡』です。作風は正反対と言っても良いくらいに異なります。こちらは人間の心の美しさを素人離れした文章力で描き出してあります。一方本書は人の心の美しさの対極にある人間の醜悪さが全面に展開されているのです。

決して主人公に感情移入できるわけでもない本書は個人的にはあまり好みではないのですが、それでもなお途中で読むのをやめようとは思いませんでした。それだけの魅力があるのでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR