FC2ブログ

海堂 尊 アクアマリンの神殿


本書の惹句に「海堂尊の新境地長編」とありましたが、確かに青春小説の形態をとった新しい形の物語かもしれません。

主人公は前作『モルフェウスの領域』の領域で「コールドスリープ」により五年間の「凍眠」を経た結果、両眼の視力を失うという危機を免れた佐々木アツシです。彼は桜宮学園中等部に編入し中学生生活を送っているのですが、麻生夏美という明晰な女の子や、ボクシング部の蜂谷一航などという仲間と知り合い、そのまま高等部へと進学します。

高校ではボクシング部に属し、天才神倉正樹を擁する東雲高との対抗戦に出場するアツシですが、一方で悲恋にあこがれる北原野麦という女の子も登場し、アツシにまとわりついたりもする、そんな日々を送っています。

こう書くと普通の青春小説のように聞こえますが、その内容は通常の青春小説とはかなり異なります。海棠尊という作家の頭の良さが出ている場面と私は思っているのですが、言葉の遊びとしか思えない、「論理」をもてあそんだ台詞回しで展開する物語は実に読みにくい話になっています。

アツシは前作でコールドスリープについた日比野涼子の世話係もしています。毎夜日比野涼子が毎夜眠っているアツシのために機械の点検を欠かさなかったように、アツシもコールドスリープにより眠りについている日比野涼子を守っているのです。

基本的に、アツシの学生生活と、コールドスリープシステムの製作者でもある西野及び看護師である如月京子との関係性で成り立つアツシの私生活との二面性を持ったまま話は進むのですが、とにかくレトリックに満ちたこの作家の文章は本シリーズでは特にその傾向が強いようです。

アツシを主人公とした青春小説の側面も確かにあるのですが、物語としてのリアリティは全くありません。この作品に記述してあるような会話を中・高校生がする筈もなく、とすれば、作者はアツシの日比野涼子をめぐる行動を通じての成長を描きたかったのかもしれません。

としても、中・高校生らしからぬ台詞回しで語られるこの物語は、端的に言って「面倒くさい」のその一言で済みます。

とにかく冗長です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR