FC2ブログ

月村 了衛 ガンルージュ


あの『機龍警察』の作者による新たなアクション小説ということでかなりハードルを高くして読んだのですが、『機龍警察』とは異なった切り口で期待に応えてくれたアクションエンターテインメント小説でした。

韓国の大物工作員キル・ホグン率いる最精鋭特殊部隊「消防士」が日本で韓国要人の拉致作戦を実行した。事件に巻き込まれ、人質となってしまった中学1年生の祐太朗。日本政府と警察は事件の隠蔽を決定した。祐太朗の母親で、かつて最愛の夫をキルに殺された元公安の秋来律子は、ワケあり担任教師の渋矢美晴とバディを組み、息子の救出に挑む。因縁の関係にある律子とキルの死闘の行方は、そして絶体絶命の母子の運命は―。(「BOOK」データベースより)

この作家が『機龍警察』で見せていた、重厚でどこか悲哀さえ漂わせる雰囲気は全くありません。しばらくこの作家の作品から遠ざかっていたら思いがけない作品を書かれていました。本作品は、ただただ提供される物語に没頭し、物語が連れて示してくれる筋道をたどっていけば痛快なひと時を過ごすことができます。この物語の意味や隠された意図など深読みする必要は全くなく、爽快感に浸ればいいだけのことです。

とある中学の体育の教師である渋矢美晴が、PTAのオバさん達に吊し上げられているところからこの物語は始まります。当然のことながら、この体育教師が主人公と思い読み進めると、違います。

場面は美晴の教え子の祐太郎の家庭へと移り、祐太郎の母親の秋来律子の目線になります。その後、祐太郎の誘拐、律子の追跡の場面へと展開していくのですが、普通の主婦が鍛え上げられた工作員を相手に一歩も引かずに戦う様が、元公安という律子の過去を次第に明らかにしつつ語られていきます。

追跡の途中で出会った美晴と行動を共にしながら、律子の、祐太郎を誘拐した集団とのアクションが繰り広げられるのですが、展開が非常にスピーディーで、一気に読み進めることができます。

この手のアクションエンターテインメント小説の常で、会話文、そして改行が多いため、316頁という新刊書の厚さの割にはさくさくと読み進めることができるのです。

とはいえ、律子や敵役の韓国の大物工作員キル・ホグンという登場人物のキャラクター設定はかなり書きこまれており、物語としてのリアリティはきちんと確保してあります。

そのうえで、ある意味能天気なアクションをも展開させています。なにせ元ヤンの教師である美晴は、バット一本を手に、鍛え上げられた韓国工作員たちとやりあうのですからたまりません。

コミカルな趣さえ漂わせているこの作品の一番の仕掛けは渋矢美晴です。美晴は、かつてはロックバンドのボーカリストであり、その元彼はキャリア組の警察官なのですが、とある理由で新宿署での刑事として生きているというのです。

こうくれば、すこしでもミステリー好きの人ならすぐにわかる超有名なキャラがいます。大沢在昌の『新宿鮫』ですね。本書の渋矢美晴は、『新宿鮫』の鮫島(本書では「奴」としか呼ばれていません)の恋人の晶とはかなり異なるキャラクターではありますが、こうした作者の遊び心は読み手とすれば実にうれしいものです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR