FC2ブログ

松井 今朝子 似せ者


松井今朝子という作家のお得意の歌舞伎の世界を舞台にした時代短編小説集です。このところ数冊はアクション小説ばかり読んでいたので、本書のように丁寧に人物の心象を語る作品は心豊かな時間をもたらしてくれます。

「似せ者」

籐十郎の世話を焼いてきた与一は、名優坂田籐十郎亡き後、籐十郎そっくりの芸を見せる桑名屋長五郎を二代目籐十郎として売り出そうとする。当初は物珍しさもあり二代目籐十郎人気は素晴らしいものがあったが、次第に先細りとなる。そうした中二代目坂田籐十郎こと長五郎は、自分本来の芸を見せたいと思うようになるのだった。

永年籐十郎の面倒を見てきた与一は、京の芝居のためにも、何とかドサ回り役者を二代目の藤十郎として金の取れる役者として売りだそうと模索します。しかし、長五郎も芸人であり、自らの芸の追及の夢もあります。そうした長五郎の心根と、かつては自らも役者であった与一の芸に対する思いが語られます。

「狛犬」

市村助五郎と大瀧広治はいつも一緒にいる。なんでも器用にこなす助五郎に対し、広治は一人では何もできずにいつも助五郎の後を追ってばかりいたのだった。その二人が舞台でとった勧進相撲が大当たりをし、広治もそれなりに自信をつけ、役者として成長をしていく。しかし、代わりに二人の仲は遠ざかるばかりだった。

二人が通った踊りのお師匠さんとその娘お菊を物語の彩りとし、助五郎の広治に対する微妙な思いを細やかに描き出してあります。自分がいてこその広治であり、自分がいなければ何もできない広治、との思いは、広治が売れるにつれ微妙に変化していき、物語のラストは思わず胸をつかれる好編に仕上がっています。

「鶴亀」

人気役者の鶴助は、突然、一世一代(引退)興行を打つと言い出した。いつも我がまま放題であった鶴助であり、何とか引退を翻意させようとするお仕打(興行師)の亀八も、途中からは鶴助の一世一代の引退興行を打とうと心に決めるのだった。その引退興行は後世まで語り継がれるような工業にはなったものの・・・。

引退興行が盛況に終わり、鶴助も芸人として更に一皮むけた芸を披露できたそのことが、鶴助の芸人としての心に火をつけてしまいます。ただひたすらに鶴助のためにと走り回ってきた亀八の、芸のためにのみ生きようとする鶴助に対する思いの微妙な変化を余すところなく描写してあります。

「心残して」

江戸が東京と名まえを変える頃、江戸三座の一つ市村座の囃子方の杵屋巳三次は、旗本の次男坊の神尾左京と出会う。その美しい声に魅入られた巳三次は、左京の妾である吉乃に三味線を教えることになる。しかし、左京は彰義隊に参画するのだった。

本書に収められた四編の中では一番惹きこまれた作品でした。全編が巳三次の視点で語られているのですが、巳三次の、左京の声に魅かれ、人柄に惚れこんでいく様が実に自然です。

芸人としての矜持を持った巳三次は臆せずに左京に向かい、左京はまた正面からそれに応えます。加えて吉乃という魅力的な妾の存在が巳三次の心を騒がせる様子は、密やかだからこそ心に響いてきます。明治初期の江戸の町の様子や囃子方の豆知識などが持ちりばめられたこの物語は、私の好みにピタリとはまる好編でした。


震災後、何かと心穏やかでない日々を送っていたのですが、そんなときは痛快小説で忘れてしまうという読み方もありますが、本書のような作品に触れ、心穏やかな豊穣なひと時を過ごすというのもまた贅沢な時間の持ち方なのだと、あらためて思わされる作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR