FC2ブログ

あさの あつこ 東雲の途


「弥勒」シリーズ第四弾になる長編小説です。

橋の下で見つかった男の屍体の中から瑠璃が見つかった。探索を始めた定町廻り同心の木暮信次郎は、小間物問屋の遠野屋清之介が何かを握っているとにらむ。そして、清之介は自らの過去と向き合うため、岡っ引きの伊佐治と遠き西の生国へ。そこで彼らを待っていたものは…。著者がシリーズ史上ないほど壮大なスケールで描く「生と死」。超絶の「弥勒」シリーズ第四弾。

本シリーズは、同心が主人公でありながら、他の多くの捕物帳的な時代小説に比べればミステリーの要素は少ないものでした。本作に至ってはミステリーの側面が後退し、殆ど遠野屋清之介の物語になっています。清之介の過去への旅と言っても良いかもしれません。

本書は、いわゆるエンターテインメント小説に分類される時代小説でありながら、急激なストーリーの展開やアクションなどはほとんどと言って良い程にありません。従って、ジェットコースター的物語を好む人には面白いとは思えない物語かもしれません。しかしながら、木暮信次郎ら三人の男たちに、特に本書では「清之介の過去への旅」の物語に、妙に惹きつけられるのです。

本書で中心となるのは、江戸の町で見つかった一人の男の惨殺死体の体内から見つかった瑠璃石です。ここでも遠野屋清之介がこの瑠璃に絡んできます。そして、この瑠璃にまつわる話は、清之介の乳母のおふじにつながり、更には清之介の故郷の藩の権力闘争に、そして清之介の兄に連なるのです。

清之介はこれまで自らの過去に背を向け、封印をすることでこれからの遠野屋を守り抜こうとしていたのですが、伊佐治親分の言葉もあって、前向きに立ち向かおうとします。

ここらの清之介の心情をたどる描写が読み手に明るさをもたらします。勿論、清之介の行く手が明るいものと決まっているのではありません。もしかしたら修羅の道に踏み出しているのかもしれないのですが、ここでの清之介の心情は将来へ向かって大きく踏み出しているのであり、そこに暗い影は見えないのです。

前へ踏み出す清之介の第一歩は故郷に帰ることでした。その旅に伊佐治も同行します。伊佐治が清之介の手助けになる筈もなく、それどころか足手まといになる可能性のほうが高いのは伊佐治にも、勿論清之介にも分かっています。にも拘らず清之介は伊佐治の同行を拒みません。それどころか、歓迎するそぶりさえ見えます。暗く、陰惨であった清之介の過去からの脱出の手がかりとなるのは伊佐治だ、と言わんばかりの清之介なのです。

今回は木暮信次郎の活躍はほとんどありません。それでいて、全編を木暮信次郎の存在が貫いています。作者の、この物語における木暮信次郎や伊佐治、それに清之介という三人を始めとする登場人物の人物造形が上手くいっているからこその存在感でしょう。

今後の物語の展開が楽しみな作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR