FC2ブログ

あさの あつこ 冬天の昴


私にとり、このごろの時代小説では一番面白いと感じている、あさのあつこの「弥勒」シリーズ第五弾長編小説です。

「親分、心など捨てちまいな、邪魔なだけだぜ」たった独りで、人の世を生きる男には、支えも、温もりも、励ましも無用だ。武士と遊女の心中は、恋の縺れか、謀か。己に抗う男と情念に生きる女、死と生の狭間で織りなす人模様。(「BOOK」データベースより)

このシリーズ前作の『東雲の途』と異なり、まさに「捕物帳」の趣きの物語です。とはいえ、本シリーズの雰囲気は全く損ねてはおらず、定町廻り同心木暮信次郎の活躍が中心になり、同心と遊女の心中事件に隠された謎を解いていく物語です。

その謎解きこそがミステリータッチの物語では本筋でしょうが、このシリーズではやはり木暮信次郎や伊佐治、遠野屋清之介という中心人物の人間のありようが見どころであることは変わりません。逆に言えば、三人の物語に加え、謎解きの面白さも加わっていると言ったほうが良いのかもしれません。

本書を読んでいる途中で、清之介や伊佐治といった登場人物の目線で語られることの多いこの物語ですが、では信次郎目線の個所はあったろうかと気になりました。これまでの作品の中で信次郎目線で語られていた個所があったかは全く記憶にないのです。もしかしたら、本来の中心人物である信次郎の主観で語られる個所は無いのでは、と思っていた矢先に、信次郎目線で語られている個所に遭遇しました。

いわゆるハードボイルド作品などで多い、主人公の主観を直接描写せずに客観描写だけでその内心をも表現する手法が採られているのかと今さらながらに思っていたのですが、そうではなかったようです。しかしながら、これまでも信次郎の主観部分が無いわけではなかったのでしょうが、やはり、信次郎主観で語られる個所は少ない、ということは言えるのでしょう。

通常人の感性とは全く異なる、「闇」をこそその心裡に内包している信次郎の行動は、本書で余すところなく描写されています。前巻が遠野屋清之介を描いた作品ということができるのならば、本作品は木暮信次郎という同心を描いた作品ということができるのかもしれません。

また、信次郎の女、とでもいうべき存在が本書で明らかになります。その点もまた本書の彩りと言えるのでしょう。シリーズが進むにつれ更に興味を増すシリーズの一つです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR